渋皮煮

b0254207_0255638.jpg栗好きの私
偶然にも誕生花は『栗』

でも、栗の花アレルギー、
喉鼻目に症状が出るのは勿論、
臭いで頭痛までするんです。

しかしながら、栗の実はOK
これって、どういうことでしょうね。

さて、ここで1つ「なぞかけ」を・・・
栗の木とかけて、
『むずかしい御近所付き合い』と解く、
その心は?

あそこんちの親は嫌い、
でも 子供はいい子

「なるほど~」と、共感なさった方いらっしゃるでしょう。
「KOOさんって、性格わる~」と、非難なさりたい方もいらっしゃるでしょう。

いいんです
私もきっとそう思われていますから、お互い様ということで。

ところで、この渋皮煮、その美しさといったら完璧でしょう。
写真を撮る時、惚れ惚れしながら眺めていたら、表面が乾いてきたので、煮汁でおめかしし直し。

実は、この渋皮煮は主人の知り合いの方がお母様と一緒にお作りになったもの
嬉しいいただきものなんです。

手間のかかる渋皮煮
美味しいものを作るのに、手間がどうのこうのと言ってはいけないんですが、やはり手間がかかるのは事実です。
丁寧に丁寧に時間をかけてお作りになったお味です。
すっきり透き通るような甘さの渋皮煮です。
栗本来の香りと味がしっかり感じられて、本当に美味しいです。
お皿に残ったシロップまでペロッ! 口の中に良い香りが残ります。
隠し味に何のお酒をお使いなのでしょう・・・と思っていると、刺さるような視線を感じました。

空です!
「私の楽しみのペロリを横取りしないで」と、目で怒っています・・・・・が、無視。

しかも、いただいたのは大きくて、かつ完璧な状態です。
鬼皮を剥いて、筋を実の表面から取り除く時、そして渋を抜いた後、味をなじませていく時、実が崩れてしまうことがあります。
そうならないよう丁寧に仕上げられた渋皮煮、お気持ちに感謝しつつ遠慮なく頂戴しております。
御馳走様です。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-10-03 00:32 | いろいろ | Comments(0)
<< RASPBERRY CAKE MANJUSAKA~曼珠沙華 >>