WALNUT MACARON

b0254207_18351065.jpgマカロンといえば、カラフルでツルツルのお菓子を思い浮かべがちですが、マカロンは卵白とアーモンドパウダーとお砂糖で作ったお菓、このゴツゴツしたものもマカロンです

スペイン・マルコナ産の平べったいアーモンドをその150%以上の砂糖と一緒に挽いて、そこに卵白を加え(今回は泡立てません)最後に刻んだクルミを加えて焼きます
生地にバニラエッセンスだけではなく、ビター・アーモンド・エッセンスが加えてあるので、いつものアーモンドの香りより強い香りがします

このビター・アーモンドのエッセンスは、竹串でわずか2滴で威力を発揮します
以前、ミントとチョコレートのムースを作った時のこと、アーモンドの香りが好きなので、このエッセンスを1滴多く入れてしまっただけで、とんでもなくビターな香りになってしまい、香りが抜けるまでの数日食べるのはお預けとなったことがありました
欲張りは失敗の素
なので、今日はレシピ通り慎重に加えました
でも、その香りの効果は抜群
普通のアーモンドの香りとは違う、「オレ、アンタらが知ってるアーモンドのにおいとはちょっと違うんだぜ、気をつけなよ」というような、少々強情で難しい性格の(?)香りがします

クルミの刻んだものが入っているので、見た目からしてゴツゴツしているでしょう
マカロンの生地の間には、コーヒー味のバタークリームがサンドしてあります
先日のババロアケーキもそうでしたが、クルミとコーヒーって相性抜群

ところで、今日面白いコーヒーを買いました
おなじみの竹園珈琲へ豆を買いに行ったら「エルサルバドルから面白い豆が入っていますよ」と、マスターが教えてくれたのは「温泉を浴びた豆」

温泉を浴びた豆?ですか・・・
豆も疲れをほぐしてから仕事に出されるのでしょうか

エルサルバドルで採れた豆を洗う時、火山で有名なエルサルバドルの温泉水で洗ったものだそうです
思わず「硫黄臭くないんですか」と聞いてしまいましたが、その心配はありませんでした
そうした理由は不明ですが、きっと水質に豆を美味しくする利点があるのでしょうね
中~深煎りのこの豆の味は、すっきり、キリリとした味で美味しく飲めました

それにしても、温泉効果がどこにあるのかしら・・・

今日はもう1つ、グアテマラのレタナ農園というところで採れたコーヒー豆
コーヒーの実といえば赤が普通ですが、突然変異を起こして黄色だそうです
これは、前回も買ったのですが、しっかり、まったりした味が美味しかったので再購入
何故なら、今期のストックがもうすぐ終了だと聞いたので
ストック終了間近とか、期間限定とか、そういう言葉に弱いんです

さて、それではクルミのマカロンとコーヒーで休憩してから夕食の準備をするとしようかな
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-14 18:38 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< APPLE ROLL BREAD お菓子教室事始め? >>