プルーンとリンゴジャムのタルト(クラフティ)

b0254207_15441125.jpgタルトやパイに目のない私
このタルトはシュクレ生地(クッキー生地)にリンゴのジャムをしいて、ドライ・プルーンを置き、最後に卵とクリームのカスタード液を流して焼いたものです
サクランボのクラフティと同じアパレイユです
シナモンとバニラシュガーをふりかけて焼いたシンプルで飽きのこない味です

タルトに生のプルーンをのせて焼いても美味しくて、たいてい毎年1回は作るのですが、今年は作らないまま季節が終わってしまいました
今年も晩夏から秋にかけて生のプルーンを何度も買って来てはあったんです
「プルーンのタルトを焼こう」と思いつつ、1つ・・・また1つ・・・・つまみ食いしているうちに、LILLE PRUNES/ AND THEN THERE WERE NONE『そして何もなくなった』状態に
まあ、そういうわけだったということです

プルーンとレーズンは私にとっては欠かせない存在だったことがあります
それは中学3年の終わりから高校1年の半ばにかけてでした
私は中高一貫校に通っていて高校受験は実際のところ形式だけでないに等しいものでしたが、やはりケジメとして中3の夏後はいったん部活を引退状態とするよう言われました
水泳部にいて、泳いで帰宅してガツガツ晩御飯を食べていたから何とかなっていたものの、部活無しで帰宅して相変わらずガツガツ晩御飯食べて、しかも部活で疲れないから夜更かしするようになって間食が増えて・・・

受験らしきものが終了して気が付くと体重は80キロを超してしまっていました
元々、痩せてはいませんでしたが、それにしても大変な状態でした
それから約1年かけて20キロを減量しましたが、その時に欠かせなかったのがレーズンとプルーンでした
そうです、貧血予防のためです

若かったので、20キロ落とすのはそれほど大変ではありませんでした
それに比べ、今では1キロ落とすのもほぼ不可能状態です

プルーンさん、プルーンさん、もう一度 私を手伝ってくれますか
え?なになに・・・?
自己管理能力が欠如している今のKOOさんのお手伝いは遠慮いたします・・・ですか
そうですね、今後少しは気をつけます
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-26 15:45 | Pastry | Comments(0)
<< VEGETABLE CURRY リンゴの練乳バターケーキ >>