BIREWECKA

b0254207_1421061.jpg皆様、クリスマスをいかがお過ごしでしたか
今日は26日、St.Stephan’s day
イエスが神の子だと言ったばかりに、石を投げられて殺されたStephanの日

そして、Boxing Day でもあります
格闘のBoxingではありません
クリスマスの後、教会の寄付の箱を開けるからBoxing Day
あるいは、クリスマスに多忙だった使用人や郵便屋さんを労う贈り物Boxの日だから・・・とか言われています

クリスマスのお菓子の話題は終了!
・・・だろうと、お思いだったでしょう
でも、1月6日まで続く国もあるんですよ

それで、本日もう1つ

写真をご覧ください
ミート・ローフではありません
ベルベッカ(ビルヴェッカと読むほうがいいのかしら)といいます

フランス・アルザス地方にはクリスマスの小さい焼き菓子を総称してブレデレという名称のクッキー類が沢山がありますが、それ以外にも、このベラベッカがあります

別名パン・ド・ポワール、つまり洋梨(ポワール)のパン
ドライ・ポワールをはじめ、レーズン、イチジク、ドレンチェリー、クルミ、アーモンドなどをキルシュに漬け込み、それがギッシリと発酵生地に埋め込まれています
そして、アニス、シナモンなどのスパイスで香りをプラスした濃厚なお菓子です
シュトレンと同じく薄くスライスして食べます

また、シュトレン同様、キリストのおくるみを模した形だと言われていますが、この色と形を見るとたいていの人は「ミート・ローフ?じゃないよねぇ」と言いたくなるでしょう

作り方はシンプルです
前の日からドライフルーツなどをキルシュに漬け込んでおいて、翌日僅かな粉発酵生地を作り、そこに記事の10倍ぐらいの量のドライフルーツ類を混ぜ込んで焼きます
混ぜ込む工程は、まさにミート・ローフと同じ

ところで、アニス(西洋ウイキョウ)というスパイスはお好きでしょうか
上記のブレデレにも、アニスを入れるクッキーが有ります
地中海の方を原産とするこのハーブはエキゾチックな甘い香りを持っています
中国の八角(スター・アニス)とは同じ甘い香りの成分を持っていますが別物です
アニスも八角も独特な甘い香りがしますが、アニスの方はもっと爽やかな甘い香りで、口に入れるとその余韻が長く続きます
スター・アニスの方が安価なので代用されることが多いようで、独特な香りを持つ『リカールRicard』というお酒はスター・アニスが使用されているようです
私は嫌いではありませんが、以前『アニスのグミ』をもらって食べた時は、さすがにアニスそのもの3cmぐらいの塊を口に入れた気がして、口から出すに出せず、そのまま飲み込んだのを覚えています

さて、日本ではクリスマスが終わり、お正月への準備です
朝からホームセンターへ行って油汚れ落としの洗剤などを買ってきました
私も台所や庭の掃除をはやく始めなくては・・・
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-26 14:23 | Cake | Comments(0)
<< もう1つのクリスマスプレゼント 苺のクリスマス・ケーキ >>