フロマージュブランとヨーグルトのムース・ロールケーキ

b0254207_158364.jpgロールケーキが一時期大人気になっていて、今は少し下火になったようですが、ロールケーキは年齢男女を問わずいつでも愛されるお菓子だと思います
生地はフワフワ系からビスキュイ系まで
クリームも生クリームからバタークリームまで
クリームでなくても、あんこでもジャムでもOK

アタッシュケースは西洋文化を表わすもの
風呂敷は日本文化を表わすもの
私は良くそう思いますが、
このロールケーキの柔軟さは実に日本的だと思われます

今まで食べたロールケーキの中で最も印象深かったのは、1~2年前に閉店したと聞くS.Weil(エス・ワイル)のモカロールでした

主人が今から20年ぐらい前に(まだ京都にいた時)出張に行った時に買って来てくれました
今どき流行りのふわふわ生地からは想像できない程の薄い薄い生地にコーヒーのバタークリームが薄く塗られ、グルグルグル・・・・としっかり巻かれた しっかりしたコーヒーの味がするロールケーキでした
その後、ケーキ生地の薄さや クリームの味が変わらず同じだったかどうかは食べていないので分かりませんが、あの20年ぐらい前のをもう1度食べたかったなぁ・・・
あの時の味はしっかり覚えていますので(忘れられない味でしたから)、いつかきっとKOO風に作ってみるんだ!・・・と心に誓っております

今日は あのモカロールではありませんが、あのモカロールに代わるとも劣らない(それ以上の)ロールケーキを御紹介します
これは、フロマージュブランとヨーグルトのムースを巻いたロールケーキです

ムースにはホワイトチョコレートとJB(ホワイトラム)が僅かに入っていますし、ビスキュイ生地に打つポンシュにはキルシュが僅かに入っていますので、「子供っぽくないこの香りは何?」という印象があります
でも、まったくアルコールを感じさせません

また生地はフワフワのスポンジ生地ではなく、ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール生地にクランブルをかけて焼いてあるので、サックリした食感があります

このケーキを教えてくださった先生は 「かわいい!」 と 「やわらかくて食べやすい!」 というコメントがお好きではなく、生徒さんがこの言葉を口にしようものなら渋いお顔をなさるのに、ケーキに「フワフワ生クリームのフワフワロールケーキ」という名前をつけていらっしゃる
もちろん、名前の裏には「クランブル」を使って、トリック有り!なんですけどね
先生の 「ほらね」と言わんばかりのニヒルな表情が目に浮かびます

ムースをビスキュイで巻くために、ムースを冷凍庫で固めます
固めている間、シャーロックホームズの映画を見ていたら、固めるどころかアイスになってしまいました
しかし、生地で巻いて早速食べてみると・・・アイス・ケーキのようで美味しかったんです
爽やかなフロマージュ・ブランとヨーグルトムースのアイスを サックリ目のビスキュイで巻いたロールケーキ!
夏にぴったりの1品です!

もちろん、冬にも最高の1品です
暖かい部屋で冷たいものをデザートに食べるのって、美味しいですから

しかし、このアイスとして食べるというのはオリジナルのアイデアから逸れているので、自分だけの第2の楽しみ方・・・ということにしておきます

では、いただきま~す!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-01-03 15:17 | Cake | Comments(0)
<< 初詣 & 因縁のおみくじ19番の話 大洗の浜辺 >>