京都へ (其の2)

障子越しの朝日が眩しく、且つ 寝返りできない程の布団の重さで目が覚めました
いえ、布団が重かったのは、空が私の布団の上で寝ていたからでした
空は、不安な時、寒い時、主人か娘の布団の上にのってきます
そして「早く起きろ」と催促する時は、私の布団の上にのり、私が起きるまで一緒に寝ています

空にとっては、月月火水木金金・・・と、軍歌同様休みの日などありません
散歩の時間は散歩の時間です
カーテンを開けると、前の晩からの雪がうっすら残っていました
慣れない家の雰囲気と臭いに戸惑っているのは明らかで、私が洗面中、洗面所と2人が寝ている布団の部屋を行ったり来たり

この日は、洗濯機が使えるかどうか、水漏れは風呂場だけかどうか・・・等々、チェック
そして、2階の片付けで午前中終了

午後からは、「ケーキ買いに行こう」と、車で出かけました
空を留守番させるには、少しかわいそうなので一緒に・・・

まずは、堺町通錦小路上がったところにあるPATISSERIE AU GRENIER D’OR オ・グルニエ・ドールへ

GRENIER=屋根裏部屋のような空間
OR=黄金
シェフの金蔵氏と同じ名前(金の蔵?)のお店なんですね
カフェと小売りのお店は同じ堺町通りで、50mほど離れたところにあります

残念ながら、空も一緒にいたので、カフェには入れず買って帰りました
(次に行く時は、空は絶対にお留守番だからね!)
シュークリーム、プリン、フィナンシェ、マドレーヌ、ダックワーズはどのお店に行っても必ず買います
そして、娘はミルフィーユとオペラ、私は柚子のタルトとチーズケーキを購入
(主人は、上記のお決まりの品からいつでも一口ずつです)

もの凄い欲張りな買い方ですね
「母ちゃん、そんなに買うの?」と、レジで娘に呆れられましたが、普段買えないんだもの・・・大目に見てほしいです

b0254207_192236100.jpg次に堺町筋の一本西隣にある高倉通りを御池通り(北に向かって)歩き、普段は代官山でお世話になっている先生の「松之助」のお店に行きました
クランベリー・スコーンとキャラメル・アップルパイを買って、次の目的のお店に行こうとしましたが、昼御飯を食べたばかりだというのに、娘はどうしてもパンケーキが食べたくて、外に置いてあるテーブルで食べることに・・・

お店の外に「ニューヨーク出店が決まりました」と広告が!
先生、よかったですね~おめでとうございます
やはり、先生のおっしゃる通り、夢は口に出して言うものですね
そして、かなえる努力をするものなんですね

店に入って、「出店が決まったそうで、良かったですね」と、パンケーキをオーダーしながら思わずスタッフさんと立ち話
オーダーを聞いてくれた店員さんは、販売スタッフさんで、先月初めて松之助の先生のレッスンを受けたそうです
先生に よう 教えていただいて、頑張りましょね~

その後、外でパンケーキを待っていたら、マネージャーさんというニコヤカな50代(?)男性が出ていらっしゃって「これは、これは、よう来てくれはりましたねぇ~」と、挨拶してくださいました
びっくり~

「娘さんが御入学ですか、それは、それは・・。娘さんのことで、何ぞあったら、ゆうてくださいねぇ~」と
空気は冷たいものの、日差しが暖かくて、パンケーキも美味しかったようで、娘はすっかりMATSUNOSUKEのカフェが好きになりました

b0254207_192257100.jpgさて、次に行こう!・・・でも、もういっぱい買ってしまったから、来月戻ってきた時にしました
ちなみに、次に行きたかったのは、東山高台寺近くにあるLA PATISSERIE DES REVES ラ・パティスリー・デ・レーヴ
ディスプレイの仕方が非常にビジュアル的で独特で、ケーキのお味は勿論気になりますが、それ以上に、そのディスプレイを見てみたい! んです

少し、欲張りな気持ちを押さえて、堺町の駐車場へ
でも、途中で土屋鞄店の京都支店に立ち寄り、娘は春からのカバンさがし
空と私は、店の外で待っていました
空は、なかなか出てこない娘が気になったのと、かばん屋さんの皮の匂いが気になったのとで、しきりに中を覗いていました

そんなこんなで、駐車料金は800円・・・・
わずか1時間足らずで800円
私が普段、東京へ行く時に つくばで利用している駐車場は1日400円
24時間で400円です

都会とはこういうものであった・・・と、思い出した一瞬でした
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-02-24 19:31 | いろいろ | Comments(0)
<< 京都へ (其の3) 京都へ (其の1) >>