お雛様、また来年

b0254207_15531883.jpg雛人形を長く出すと、娘が嫁に行くのが遅くなるとか昔の人たちは言ったそうですが (実は商業的意味合い有っての言葉です)、例年 我が家のお雛様は例年2月の終わりごろから旧暦3月3日頃まで飾ってあります

でも、今年は少し早めにお片付け
娘が一緒に片付けたいと言ったので
旧暦3月3日には、もうここにいませんからね

「今年は あんまし ゆっくりしてもらえんで、すんません
 御供えもんも少のぅて、すんません
 今年は 堪忍したってくださいね」

先週、ラテンな友達がハーブ・ティーと一緒に持ってきてくれた『八橋 桜餡』 を最後のお供えにして、片づけ前のお茶の時間
(彼女は最近、桜ものにハマっています)

雛人形1つ1つホコリを払って、紙で包んでいきました

b0254207_15535339.jpg
祖父が買ってくれた雛人形を箱にしまった後は、これら手作りの雛人形達の番です

可愛いでしょう~ 全部 娘が幼稚園の時に作ったものなんです
年少、年中、年長の3年間、毎年紙粘土で作った作品です

「ばあちゃんと、じいちゃんにも あげるの」と、言って家でも作って、送りました

孫LOVEな爺婆様は、それはそれは喜んでくれました
「Tちゃんの作った御雛さんは、ニコニコしてはって、ええわぁ」と言って、毎年飾ってくれています
そして、予想以上の(御雛様への)お返しをもらったことを覚えています

御雛様、これからも末永く この娘をお守りください 
よろしくお願いいたします

では、また来年お会いしましょう
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-18 15:57 | いろいろ | Comments(0)
<< ミニ・パンたちの行進 CARRE ALSACIEN >>