TROPIQUE

b0254207_2025960.jpgトロピカル・フルーツといえば、パイナップル
パイナップルづくしのババロアです

このお菓子はパイナップルをキルシュやレモン汁に漬けるところから始まります
しかも1週間・・・・

漬け込んだ実とジュースは、大切な具となりますので、じっと待つこと1週間~

ようやく時来たり
(でも、実は2日足りない・・・)
先ずは土台となるジェノワーズ生地から
ジェノワーズ生地とは、卵白と卵黄の共立て生地
ここではココナッツと強力粉も使います
なので、出来上がりの食感はしっかりしていて少しココナッツの香りとぱさっとした感じがあります
でも、大丈夫!焼けたら半分にスライスして、漬け込んでおいたパイナップルのジュースにJB(ホワイトラム)を混ぜたシロップをうちます

次にババロア作り~
パイナップルのジュース、ココナッツ・ミルク、JB、コンパウンド・パイナップルでババロアのベースを作り、イタリアン・メレンゲを加えて軽やかさをプラス

さて、組み立て(モンタージュ)です
ジェノワーズ生地の上にババロアを絞り、パイナップルの実を並べます
上からババロアを絞って、もう1枚の生地をのせ、またババロアを絞ります
最後にパイナップルのジュレをのせて、足元にローストしたココナッツを飾って終了

b0254207_204166.jpg初夏からのお菓子ですが、ツヤツヤの黄色いジュレが暖かい陽ざしのようでしょう?
実は、そんな明るいお日様のような笑顔の方達とのお茶用に作ったんです

どなたかと申しますと、空のお母さんの飼い主さん御夫婦(筑波山にお住まい)です
御主人は木工金工の工房を
奥様は食堂・ケータリング系のお仕事をなさっています
去年の9月に、空とチャチャの誕生日会で御紹介済みですね
娘がここを離れる前に・・・と、連絡下さいました

この御夫婦に初めてお会いしたのは、娘がまだ小5の時
それ以来、バーベキューやら何やらと、
娘を可愛がってくださいました

「Tちゃんに、はい プレゼント!おじちゃんとおばちゃんと(息子さんの)T君と、(お嫁さんの)Mちゃんも一緒に行って選んだのよ~」
さすがに娘の好みをよく御理解くださっています
嬉しいいただき物です

娘は「次は夏休みに戻って来ます」と、御挨拶して、空のお母さん犬(ねね)と姉妹犬(チャチャ)をギューッと抱きしめて戻って来ました

訪ねて行きたいと思える人達がいるって、嬉しいものです
「訪ねておいで」と、言ってくれる人達がいるって、本当に心強く、有難いものです
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-22 20:09 | Cake | Comments(0)
<< 合格おめでとうランチ会 TARTE CARAIBE >>