主のいない部屋で

b0254207_2119157.jpg昨夜9:00前に京都を出発して、夜中3:00前につくばに戻りました
道中強風で何度もひやりとしながらも、トラックの大群に圧倒されながらも、順調に帰ってきました
今回、私が運転したのは6時間中の2時間たらず
もし、もっと私が運転していたら、昨日の状況ではもっと時間がかかったでしょう
さすが元・走り屋(?)の主人です
停年近い年齢になっていても、昔取った杵柄は体が覚えている、っていう感じでした
ジェットコースターに乗っているスリルでした
(でも本音はちょっと怖かったんです)

数時間休んで主人は仕事に
私は空の散歩を終えて、庭を見てびっくり・・・・・
おおぉぉぉ・・・なんという茂り様!
植物たちの生命力は本当にすごいです

先ずは持って帰ってきた荷物を片付け、出発前に放りっぱなしにしていった部屋を片付け、それから・・・・ちょっとお菓子作ってから、最後に庭掃除ですな

空は主のいなくなった部屋を守っています
(というより、むしろ占領?)
空の飼い主は娘です
主の匂いが残っているベッドの上で過度にリラックスして休んでいました

このあたりの桜は全て散って、次の季節の準備に入っているかのようです
夕方、スーツケースを取りに来たラテンな友達によると(帰る時、天気が心配だったので、彼女の荷物を車に積んで帰ってきました)、洞峰公園の桜の木が根元から倒れてたそうです
本当に爆弾低気圧で、これによる被害は大変だったとニュースで見ました

b0254207_21194710.jpg
去年の春 家族で花見に行って「花びらの市松模様!」と、言ったのが遠い昔のような感じがします
このブログの一番初にUPした写真を思い出し、自分があの後ろ姿に置いて行かれたような、あるいは娘が前に進んで行ったような・・・複雑な気分です

年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず
来年の桜は誰と見ているのやらね、空・・・・
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-08 21:24 | いろいろ | Comments(0)
<< VALLEE D’AUGE 京都にて⑬ 4月7日 >>