CHARLOTTE AUX FRAISES

「おはよう、シャルロットさん。春らしいピンク色の装いね、お出かけ?」
「おはよう、モッコウさん。モッコウさんこそ、お日様のように暖かい色で素敵~」

気持ちのいい朝の立ち話(?)を連想しませんか
(朝から立ち話をしているのは、暇な私ぐらいでしょうか)
b0254207_10131039.jpg


昨年の秋、『シャルロット・ポワール(洋梨のシャルロット)』をUPしましたが、今回は春なので、『シャルロット・フレーズ(苺のシャルロット)』を御紹介いたします

シャルロットといえば、ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールの生地です
底生地、中生地、サイドの生地、そしてシャポー(上にのる生地)の4つの部分を絞り、粉糖をふってオーブンで約14分焼きます
少ししっかり目に焼いた方が、あとでポンシュ(シロップ)を打ってもフニャフニャにならなくて良いです

焼き上がったら、シャポーとサイド用にはキルシュのポンシュを、底と中の生地には苺と苺リキュールのトロッとしたポンシュを打ちます

サイド生地と底生地は型にはめて冷凍庫へ! 中生地とシャポーは冷蔵庫でスタンバイ!

ピンク色のムースは酸味と甘さのしっかりしたお味
苺のピューレ、苺のリキュール、苺のエッセンス・・・と、苺尽くしのムースです

ところで、苺の旬っていつでしょう? 昭和的感覚の私にとっては4月から5月です
子供の時、4月の終わりごろに、近くの農家のおばさんのところで苺を取らせてもらったことがあります
大きさは、てんでバラバラ・・・・大きいもの、小さいもの いろいろあって、ツヤツヤしたハリのある表情、強くて甘い香りと甘酸っぱさがたまらなくて、つい食べ過ぎ・・・
欲張って容器にたくさん入れて帰ると、完熟の苺からむっとするほどの香りがたっていたことをよく覚えています

今では12月から売り出されていて、4月頃に露地物が出る頃のには御客さんに少し飽きられています
美味しい露地物の苺が食べたい~

露地物といえば・・・今年の春から女子大生になった(代官山のお菓子教室での)お友達のお父様は、趣味で畑をなさっています
お父様が作られる苺は、太陽の陽ざしをたくさん浴びて、さぞ力強い味と香りがすることでしょう
羨ましいことです

ただ甘いだけでない、むかし苺を作ってくださる農家さんを御存知の方は、是非教えてください
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-16 10:30 | Cake | Comments(2)
Commented by haruka at 2013-04-16 12:12 x
やっと赤い実がいくつか出来始めたそうですが、ネットとか何もしてなかったので皆鳥に食べられてしまってるそうです(T_T)
今日テグスを買いに行くと言ってました。
KOOさんゴールデンウイークは丸々京都ですか?もし空いてる日があればつくばに薔薇を観に行きたいです(*^^*)
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2013-04-17 14:33
Harukaさん、お元気ですか。
女子大生の生活はいかがですか。

ゴールデンウィークの予定については、あとでHarukaさんにメールしますね~
少々お待ちくださいませ~

ところで、今年もお父様は畑仕事を楽しんでいらっしゃるんですね。
新鮮で安心な作物を作ってくださるなんて、本当に羨ましい・・・

こちらはラズベリーの枝に葉が出てきました
冬に相当引っこ抜いたので、今年の収穫は手におえる範囲になりそうです

では、近いうちにお会いいたしましょう~
<< ココナッツミルク・シチュー・カレー 依怙贔屓 >>