苺のパウンドケーキ

b0254207_2091229.jpg先日はポーランド産のフリーズドライ苺を使って、シフォンを作りましたが、昨日はドイツ産の香りのより良いフリーズドライ苺の登場
これで作ってみようと思っていたケーキがあったんです
それは、苺のパウンドケーキ

ポマード状にしたバターにホワイトチョコを混ぜ、グラニュー糖、卵もよく混ぜた後、泡立てた卵白を加えます
使用する粉は強力粉とコーンスターチ
フリーズドライ苺をさっと混ぜたら生地は完了

パウンド型に生地の約半分を入れて焼くこと7分
苺のコンフィチュール(ジャム)をその上に2本絞り、残り生地の半分をのせて、また7分
再度、苺のコンフィチュールをその上に2本絞り、残りの生地をのせて、約27分焼きます

コンフィチュールが沈まないようにする作戦ですか
なるほど・・・

焼き上がったらフレーズ・リキュールとキルシュを合わせたポンシュを打ち、ラップでくるんで冷まします

焼くときに、上記のようにしなくても通常のように焼いて大丈夫だとも聞きましたが、今回は試作第1回目なので、まずはこのケーキを考案された代官山の先生の方法で作りました

・・・で、昨日焼いたパウンドをドキドキしながら切ってみました
苺のコンフィチュールは底まで沈んでいませんでした  あ~、よかった・・・
卵黄少な目、別立て生地で、大変軽いタイプのパウンドです
苺の季節が終わるまでにコンフィチュールを作っておけば、初夏まで楽しめそうな一品です
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-22 20:13 | Cake | Comments(2)
Commented by くろすけ at 2013-04-23 20:07 x
京都さいこ〜たのし〜〜〜〜(^∇^)(^∇^)(^∇^)
今一人イタリアン中(^ω^)
デザートは苺のパウンドケーキがよかったにゃ〜( ;´Д`)
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2013-04-23 23:17
くろすけさん、京都旅行を楽しんでいらっしゃるようですね~
御一緒したかったです

イタリアンは、どちらのレストランでしょう
GWにまた」京都へ戻るので、教えてください

では、明日も気を付けてお楽しみください~
<< ひよこ豆のカレー 蕗 >>