抹茶とオレンジのムース

新茶の季節 少し初夏の陽ざしも感じる季節
抹茶とオレンジのムースは、今の季節にぴったりです
季節感を大切になさっている先生に教えていただいたメニューです
b0254207_22302678.jpg
オレンジのジュレのかかっているオレンジのムースと鮮やかな抹茶のムースを支えているのは、2つの異なる生地です
底生地はダックワーズ
中生地はビスキュイ・ア・ラ・キュイエール
どちらもサックリ軽い食感です

2種類のムースは、バターをベースにしたムースです
イルプルでは「バター・ムース」と呼んでいます
バターの中にイタリアンメレンゲを混ぜていくクリームなので、リッチなコクがありながら非常に口どけの良い軽い仕上がりになります

非常に美味しいお菓子ですが、難点が・・・・
それは、カットする時です
ビスキュイとダックワーズがきれいにカットしにくいんです
だから、写真用にきれいに切りたいと思っても上手くいかず、このとおりです

ところで、バターのお菓子・・・というと、コレステロールが云々、カロリーが云々と嫌がる方が多いです
確かにカロリーは高いですが、最近ではバターの優れた栄養価が見直されているそうです
バターには、ビタミンA、E、Dなどの脂溶性ビタミンも多く、ミネラル、カルシウム、カリウム、マグネシウムなども含まれているため、栄養補給はもちろん、骨・歯の強化、胃炎・胃潰 瘍の予防、精神的ストレスの予防と改善、便秘の予防と改善に良いそうです
何事も摂取過剰はよくありません 何事も適度に
食べたいのに食べてはいけないというストレスの方がよほど怖いです

私はバター業界の回し者ではありませんが、生クリームとバタークリームとどちらが良いかと聞かれたら、やはりバタークリームです~
でも、最近の明治の発酵バターはどうも味も香りが弱い!と声を大きくして訴えたいです
私がいつも使っているのは明治の発酵バターです
数年前のバター不足以来、誰もがそう思っていらっしゃるはず・・・明治発酵バター愛用者様、そう思われませんか?????
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-05-10 22:39 | Cake | Comments(6)
Commented by Haruka at 2013-05-10 22:56 x
KOOさんどんどん写真撮るの上手くなってますね!!
毎回すごくキレイでうっとりします!
写真家に転向できそう!
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2013-05-11 09:19
Harukaさんこそ、私を励まして下さる方法がどんどん上手くなっていますよ~!
でも、嬉しいです
やはり、いくつになっても励まされて頑張れて成長できるものですね

ところで、学校の方はいかがですか
新しいお友達がたくさんできて、勉強、バイト等も含めお忙しいことでしょう
5月の28日と29日にまた「イルプルの1年」に行きます
お時間あれば、お茶でも・・・
Commented by hkvege at 2013-05-11 20:38
本当に。。。。一昔前はバターより植物性のマーガリンの方が健康にイイ!なんて言われた時代もありましたね。
今ではトランス酸の多いマーガリンは身体に悪いに変わってますものね。ラードとショートニングしかり。。。
バター自体は自然由来だから、本来はそっちがイイに決まってる。
ヨーロッパの発酵バターの香りが好きで、いつも買いだめして日本に持ち帰ります。
昔のフレンチのように大量に使うことはしませんが、料理の仕上げにちょこっと風味付けに使うと幸せな気持ちになります。
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2013-05-11 21:50
まったくKeikoさんのおっしゃる通りです
業界や結託者に惑わされない目を持つことですね

ところでKeikoさんは日本ではどこのバターがお好きですか
私もお料理の最後の段階でバターを少し落として香りをつけるのが好きです
Commented by hkvege at 2013-05-13 12:37
今は買いだめのデンマークやフランスの発酵バターを使うことが多いです。
でもGMOとかを考えると国産で美味しいのがあれば嬉しいです。
発酵バターではないけれど、一番好きなのはやはり自家製バターです。
この美味しさを一度知ってしまったら・・・・もう後には戻れなくなります。。。
大量には出来ないので、ケーキ作りには不向きですが、ちょこっと料理やパンにはちょうどいいです。
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2013-05-13 22:18
Keikoさん、返信有難うございます。
そうですか、デンマークやフランスの発酵バターですか~
自家製バターを以前お友達の家で一緒に作らせてもらったことがあります。
本当に「もう後には戻れなくなる」美味しさですね。

本当の美味しさを知ることは、幸せ?不幸せ?
・・・やはり、幸せですよね。
<< neuhaus 隣の空き地のヒナゲシの花 >>