パッションのババロアケーキ

梅雨入りしたそうで、さっそく鬱陶しいお天気となりました
でも、梅雨が明けたら・・・を考えながら、パッションのムースケーキを試作
色が何より明るく、お味もさわやか~
b0254207_21423942.jpg
側面と底生地、中生地はビスキュイ・ド・サヴォワ
ビスキュイは卵白と卵黄の別立て生地ですが、そこにアーモンドパウダーが加わると、このようなお名前に・・・

ココナッツと粉糖をかけて焼き、パッションピューレ、ホワイトラムなどのシロップを打ちます

ババロア部分はイタリアンメレンゲ入りのパッションババロアです
パッションのストレートな酸味だけでなく、ホワイトラム、ホワイトチョコレートも加わって、「うん?酸っぱいだけじゃない」と感じます

最後にかけるジュレは、パッションピューレにウオッカなどが入り、キレとさっぱり感をプラスしています

ところで、このパッションのケーキを久しぶりに作ったのはいいのですが、リキュールで大失敗!
ババロアとジュレにそれぞれパッションのリキュールを入れるべきでしたが、入れることができませんでした
手元にパッションのリキュールがあったにもかかわらず!です

うかつでした・・・
手元にあったのは、パッソーラ
黒い瓶でおなじみのパッソーラですが、パッソーラはピンク色でした・・・

イルプルではドーバーで売っているあのパッションリキュールを使用していることをすっかり忘れておりました

山吹色のパッションピューレにピンクのパッソーラを合わせたら、全く美しいはずがありません
よく確認もせず、この安酒で間に合わせようとした私がいけませんでした・・・
仕方がないので、今回はリキュールの部分は全てホワイトラムで代用

・・・忘れないうちに、注文しておこう
ついでにリモンチェッロも
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-05-30 21:44 | Cake | Comments(0)
<< 藤沢邸バラ園へ~  茄子のカレー >>