レモンとココナッツ

直径6cmの小さいお菓子
今年の春、代官山の先生の講習会で教えていただいた新作『レモンとココナッツ』です
b0254207_2173567.jpg

底とサイドの生地はビスキュイ・ア・ラ・キュイエール(別立て生地)です
焼く前にココナッツとパート・グラニテ(クランブル)、そして粉糖をふります

焼けたら、白ワインとレモンピューレのシロップを打って、小さいセルクルにセットしておきます
レモンチェッロとレモンピューレのババロアを作ってセルクルに流し、ココナッツ・リキュールとココナッツミルクのムースを作って、その上に入れます

最後にフロマージュブランとココナッツミルクのジュレをかけて出来上がり

材料の計量さえ終わってしまえば、サクサクと作業ができます
作りやすく美味しい夏のデザート
(冷凍可能だという点もポイントが高いです~)

大きく作ったら手間は省けますが、このお菓子は小さいから愛らしく魅力的
・・・・そう分かってはいますが、細いサイドの生地がポンシュで柔らかくなっていて、それを小さい型の内側に入れていく作業は、不器用な私にとっては一苦労です

でも、出来上がったお菓子を見ると、「可愛い~」と、ひとりニンマリしてしまうKOOでございました
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-07-08 21:10 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< ブルーベリー・タルト 七夕の日のランチ会 >>