ドライ・フルーツ・ケーキ & パレ・コンゴレ

省エネに励まねば・・・と、思いつつ エアコンをつけてお菓子作り

でもバターケーキを作るには最適の環境
バターをポマード状にするにも、その状態を保つにも、良い温度です

バター生地さん、本日は御日柄もよく、分離なさることもなく、有難うございます
b0254207_16505928.jpg

出来上がったバター生地に、シナモンとアニスと共にキルシュで1日漬けて焼いた沢山のガルニチュールを混ぜて焼きました
スパイスの複雑な香りと、バニラエッセンスにキャラメルを混ぜた深い味わいの楽しめるお菓子です

ちなみに、ガルニチュールに使った材料は、ドライ・フィグに ドライ・プルーン そして、レーズン
オレンジ・ピールに ドレン・チェリー
くるみ、スライス・アーモンドに ヘーゼルナッツ です

このケーキのそばにあるのは、ココナッツとアーモンドと蜂蜜のお菓子で、『パレ・コンゴレ』といいます
裏にはホワイトチョコレートが塗ってあります
とても甘いです そして、ヌガーなので 少し歯にねちっとくっつきます
でも、癖になる味です

そう・・・歯と言えば、今朝 固いパンを食べていたら歯が欠けました
どんだけ固いパンだったんですか? と、言えば、バゲットです

欠けたことに気づかず、ガリッと貝殻のようなものを噛んだ感触で、何だろうかと出してみれば、エナメル質のものが・・・ 
「これって 歯?」

運の良いことに、近くの歯医者さんで欠けた歯の部分を修理(←あえて修理と記します)してもらうことができました
でも、ゆる~くお叱りを受けました 当然です

「欠けた歯のことですがね、KOOさん
虫歯が相当中まで進んでいて、そのためエナメル質に負担が来て欠けたんですね
まったく虫歯の自覚症状がなかったんですか」

「はい、全くありませんでした」

「先生、それより1ヶ月ほど前から左上奥歯が妙に冷たいものがしみて、時々痛いです」

「KOOさん、そりゃそうでしょう、完全に穴があいていますから・・・」

実は既に4分の1世紀、歯医者に行っていません
ものすごいトラウマがあって、この世で最も行きたくない場所が歯医者です
今日ついでに歯周病検査も受けましたが、驚いたことにセ~フ!
引き続き、よくブラッシングするようにとのことでした

私の歯って、馬並みの強さなんですね 

今までの人生で決してエリートになれなかった私は現在エリート老人を目指しています
目標!現在以上のボケなし・入れ歯なし・二足歩行~!

というわけで、しばらく虫歯の治療に通うことにしました
トホホ~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-07-10 16:55 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< キッシュ・ロレーヌ ブルーベリー・タルト >>