梅シロップ寒天

数日涼しく、夜なんか肌寒いほどでしたが、今日から思い出したようにまた暑くなりました
正直 暑いのは嫌いですが、作物のことを考えると「適度に暑くなって~」と、思いました

・・・で、私は早速、体が気温の変化についていけていません
余りに怠かったので、主人の血圧計で血圧を測ってみたら 48と96?!
何て縁起の悪い数字でしょう 「死は 苦老」?!

いやいや、これじゃぁ いかんでしょうよ・・・負けていられない

いったい何に対して負けていられないのやらわかりませんが、そんな気持ちになって 「負けへんで~ よっしゃぁ!もう いっぺん!」と、もう1度測ったら、62と98でした
まあ、これならいつも通りの数値です

今日は休甘日
昨日、ミニ・エクレアを作った時に、どのぐらいのクリームが適量なのかをチェックするために、少しずつクリームの量を変えて4つも試食したら、さすがに今日は甘いものはお休みしたくなりました

でも、夕食後のデザートが無いので、梅シロップの寒天を作りました
梅のシロップがいい塩梅になっていて、サイダーで割って飲むだけではおもしろくありませんから
b0254207_14413628.jpg

大好きな「梅の宿」酒造さんの(日本酒ベースの)梅酒も少し加えて

ところで、パン作りが上手な方がいらっしゃって(お菓子作りを通して、お知り合いになれた方なんですが)、御自宅で漬けた梅シロップを酵母としてパンを焼かれたそうです
ほんのり甘い香りのするパンだったとのこと
どのくらいの量を入れたら、上手くいくか判断できるのは実に経験と実力・・・

でも、この梅シロップを少し残しておいて、もう少し熟成させて、パン生地に混ぜてみようかな
ほんのり梅の香りのするパンが焼けたら、うれしいですもの~
b0254207_14495771.jpg

話は変わりますが、御近所の「近江屋」さんへ卵を買いに行ったら「上の室にRojiさんというお店が今日開店しました。行ってみてください。小さいですが、素敵なお店ですよ。」と、お店の奥さんが教えてくださいました

九重インテリア向かい コンビニCoCoの隣のようです
洞峰公園横、パン屋さん「モルゲン」隣の「Siegerシーゲル」さんの息子さんのお店だとか・・・
「シーゲル」というお店の名前は、御主人の名前が「シゲル」さんだからだというお話を以前きいたことがあります   ふふふ~ 上手なネーミング

私だったら・・・「Khmer クメール」ですか
でも、これではお菓子ではなく、カンボジアのお料理を連想させるネーミングになってしまいますね

更に話はネーミングのことなんですが、私のKOOは、中国語では「酷」と同じ音
でも、その意味には英語のCool(かっこいい)という意味もあります
そう考えると、自分のネーミングをそういう意味にしてしまったのは少し気恥ずかしいですが、まぁ いいか・・・

梅シロップの寒天を食べながら こうやってブログを書いていたら、ダルさがかなり緩和されました
さて、じゃあそろそろ洗濯物を畳むとしよう~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-07-18 14:59 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< CLAFOUTIS AUX A... レモンのエクレール >>