Dijonnaise +娘のオムライス

これは、『Dijonnaiseディジョネーズ』です
昨日、早まって(?)型を外したため、ジュレが側面にオカルトチックに垂れてしまい、慌ててフィルムを巻いて冷凍庫に戻した・・・という あのお菓子です
b0254207_20245533.jpg


一晩冷凍庫に入れておいたにもかかわらず、周りのフィルムを剥がして少しすると、表面のジュレが お~っと危ない! 状態です
しかし、このジュレが味をキュッと引き締めてくれる大切な役割を果たしています

名前のディジョネーズとは、カシスの産地「ディジョン風の」という意味です
底生地と中生地は、ローマジパン入りのリッチなビスキュイオザマンドゥ
カシスのピューレとリキュールをたっぷり使ったポンシュをたっぷり「これでもか?!」というほど打って、底生地は型にセットして冷凍庫へ 中生地は冷蔵庫でスタンバイ

本当にポンシュの分量を見ると、こんなにたくさんの量を生地が吸収できるのかしらと不安になるほどですが、たっぷり打つことによって、ババロアと一体感の出る底生地と中生地になるのでしょうね

ところで、切り口を良く見ると、底生地と中生地の1部分白い部分がみえます
元の生地の色です・・・つまり、ほんの1部分だけポンシュを打つのが少なかったので完全に染み渡らなかったということです 
(ほほほ~ 恥ずかしい 基本的なことができていませんね)

ババロアはイタリアン・メレンゲの入るタイプです
カシスの酸がメレンゲ、生クリームを固くするので、いつもより少し注意が必要ですが、工程では難しい点はありません

ババロアを作ったら、底生地の上に半量流し、中生地入れて残りのババロアを流し、最後にジュレをかけてフィニッシュ
酸味とまったりした独特な味をもつカシス
カシス好きにはたまらないカシス尽くしのお菓子の出来上がりです

娘は昨夜も晩御飯を作ってくれるはず・・・でしたが、今夜に延期となりました
そして、今夜作ってくれたのがこれ 『オムライス』
b0254207_20253550.jpg


もうしばらくの間、晩御飯を作ってくるとのことで有難いです
(洗い物もしてくれたら、もっと有難いんだけどぉ~)

最後に、今日の夕方行った散歩のときのワン・ショット
b0254207_202559100.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-19 20:23 | Cake | Comments(0)
<< 娘のMicrowaved Ch... 久々のニコニコ・マルシェ +娘... >>