常陸太田へブドウを買いに +巨峰のゼリー

毎年、9月の半ば過ぎに常陸太田へブドウを買いに行きます
でも今年は今週末に娘が京都に戻るので、昨日の土曜日に行ってきました

ブドウ畑に実っている沢山のブドウ
その様子を見た主人は、「映画『ヴァン・ヘルシング』に出て来る吸血鬼の卵みたいだ~」 ええ・・・・確かにね
b0254207_2224333.jpg

『本日の収穫は、巨峰、藤稔り、安芸クイーン、青竜、ベニバラードです』と、農園の前に書かれてあったので、それらを数房ずつ買いました(欲張り~)
そして、いつもなら売っているハニービーナスとロザリオビアンコは1キロずつ予約して、京都に送ってもらうよう頼んできました

試食にブドウをたくさんいただいて(空なんて、ぶどう園のおじさんにパンまでもらって)満腹になった帰り道、娘と空はくっついてグーグー昼寝
車の中は冷房をかけていたので、暑くはなかったでしょうが、娘はこんなに鼻を空にくっつけて、クサ~くなかったのでしょうかね
b0254207_22252388.jpg


買ってきたブドウのご紹介を・・・
b0254207_22254717.jpg

右から順に、巨峰、薄い赤紫の安芸クイーン、黄緑色の青竜、濃い赤紫色のベニバラード、そして、一番左が藤稔りです
どれも、甘さと香りのしっかりしたものでした
農園の方は「雨が少なかったので、実の伸びが悪いんじゃないかと思いましたが、良い出来ですよ」と、自慢そうにおっしゃっていたとおりでした

そのまま食べるのが最高だと分かっていても、美味しい素材があれば少しだけ香りを加えて、お菓子を作ってみたくなるものです
b0254207_22263241.jpg

北海道小樽ワインのロゼを加えたた『巨峰のゼリー』
ロゼを使うのが、ぶどうゼリーの色としては一番きれいだと思います

最近、私の作るお菓子に寒天やゼリーが多いと思われませんか?
それは、娘が好きだからというのが1番目、主人は歯が悪いというのが2番目の理由です
どんなに熱心に丁寧に磨いても歯が弱い人に虫歯も歯周病も容赦ありません
ちなみに私・・・約1か月半前のブログでお話ししましたが、ある朝 パンを食べていて右奥歯が欠けて、4分の1世紀ぶりに歯医者さんにお世話になりました
治療を受けた虫歯の数、3本
1本は麻酔を打ってもらって治療してもらいましたが、残りの2本はそのまま削って治してもらったぐらいの 程度でした
そして、子供頃、虫歯になった2か所に埋めてあった金属製のものを(今では使用しては良くない素材にになっているそうで)、白い安心素材のものに入れ替えてもらい、そのあとクリーニングしてもらいました
25年分をこれだけで済んだというのは、まったく有難いことです 母に感謝せねば・・・
でも、いくら強い歯でも年齢と共に弱くなるもの、これからは定期健診に行かなくちゃね

・・・でなきゃ、美味しいものを美味しくいただけなくなりますから
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-09-08 22:39 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< おつまみなおやつ +ルセット・... TARTELETTE CITR... >>