茨城県産のパッションフルーツ

これ、何でしょう?
b0254207_22194717.jpg

パッションフルーツです
沖縄や宮古島では紫玉という品種が人気だそうですが、これは2週間ほど前にイーアスつくばの直売所(さんふれ)で見つけた茨城県産のものです
買った時は、まだこんなふうに紫色に熟していなかったので、今日こんなに色づくまで毎日にらめっこしながら食べる時を待っていたんです! 

それにしても茨城県はいつの間に南国になっていたのでしょう?

PASSIONと聞けば、思い浮かぶ意味は「情熱」
でもラテン語では、「pati /pass 苦しむ +-sionこと」という意味から、the Passionで「キリストの受難」という意味でもあります

そういえば、パッションフルーツの花は「トケイソウ」とかいう名前で、中心の雌蕊が十字架に見えなくもないです

半分に切ると、種がたくさんはいっています
b0254207_2220990.jpg

この種をバリバリ言わせながら食べるものですが、慣れないと「種、食べるんですか?」って不思議な感じがします
いい香り~ 思ったより、甘いパッションフルーツでした

・・・あ! しまった・・・裏ごししてぺパン(種)をパッションのケーキのデコレーション用に取っておかなければならないんでした
今頃思い出しても遅いです

明日、直売所のさんふれに電話して、まだ残っていたら取って置いてもらおう~ っと







LANGUE DE BOEUF
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-09-12 22:21 | いろいろ | Comments(0)
<< LANGUE DE BOEUF... 幸水のコンポート >>