BRAS DE VENUS

タイトルBRAS DE VENUS の Bra=腕 Venus=ヴィーナス 
『ヴィーナスの腕』という名前のお菓子です
フランス南西部の地方に『ヴィーナスの腕』というロールケーキがあって、レモンクリームやチョコレートクリーム、カスタードクリームなどが巻かれているそうです
b0254207_22292840.jpg

この写真のケーキは、ローマジパンのビスキュイ生地(表面用)にアニス、クローブ、ジンジャー、ナツメグ、シナモンといったスパイを合わせたエピス・メランジェが入っていて、香りがいいんです
それにヘーゼルナッツが入っていて、さらに表面にはアーモンドスライスがのっていて、これだけでも美味しい~
底生地は、表面生地と同じくスパイスの効いたダックワーズ・ノワゼット(ヘーゼルナッツの粉入り)です

このスパイスの効いた生地に、クセのあるトスキノチェロ(クルミのリキュール)のポンシュを染み込ませ、ウィリアム・ポワール(洋梨のお酒)をからませた洋梨のスライス入りのキャラメルのババロアを包みます
表面にウィリアムーポワールのシロップを塗って出来上がり

特徴のある香辛料と香りのリキュール類のため、非常に個性のあるものに仕上がるので、好き嫌いが分かれるお菓子です
ここで使っているトスキノチェロは、「放蕩と堕落と屈折」をイメージさせる香りです
甘く惹きつける香りである一方、しばらく香りを楽しんでいると、鼻の奥に浸透して一瞬不愉快になる でも、忘れらない特徴ある香り
そんな感じなんです

ウィリアム・ポワールは、洋梨の甘い味のするものではなく、微かな苦みさえ感じられる強いものです
このリキュールを使った代官山の先生の『洋梨のシャルロット』は、他のお菓子屋さんのものよりはるかに個性的で、大人のお菓子です
体験レッスンで、この『洋梨のシャルロット』を作って初めて、ムースやババロアって美味しいものなんだと知りました

あ、そういえばこの前から洋梨がお店に並び始めていますね
今年の洋梨のコンポートには、今日のお菓子のスパイスを使ってみようかな・・・
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-09-28 22:34 | Cake | Comments(0)
<< 長沼りんご園 嬉しい遅めのランチ 御馳走様でした >>