栗とナッツのタルト +可愛いサブレ

私にとっての秋の究極のお菓子『栗とナッツのタルト』の登場です
b0254207_22473231.jpg

裏ごししたさつま芋とシュークリスタル(粗いグラニュー糖)入りのパートシュクレの底に、栗のパウダーと栗のシロップを加えたアーモンドクリーム(先ずは半量)を入れます
栗のシロップ漬けとクルミと松の実をぎっしり敷き込み、アーモンドクリーム(残り半量)でこれらガルニチュールを覆って、クルミと栗パウダーのグラニテをかけて焼きます

栗のシロップ漬けは、最近ちょくちょく登場する小田喜商店さんの渋皮煮
先生+お友達+私=3台のタルトを作って、固形630g入りの大瓶が空になってしまいました
恐ろしく贅沢な使い方です
そして、恐ろしく高いカロリーです
先生とお友達は、いくら食べても太らないという羨ましい方々

世の中まったく不公平

そばに、もう御1人(お友達)いましたが、彼女は余り生地をささっ~と伸して、トントントンと花型にくりぬいて、あっという間に天板2枚に生地が並び、オーブンへ
その手早さ、さすがプロ!

この日一緒だったお友達2人+この日はお休みだったお友達(みんな、代官山の先生のお教室で会いました)には、もう何年もお世話になっておりまする

先生がブラックベリーのジャムを出してくださったので、焼き上がったサブレにサンドして、ほら♪こんなに可愛いサブレの出来上がり
b0254207_22481151.jpg

1つだけ中心のジャムの色が違うものがありますね
これは、このお友達が御自宅で作って来てくれたマクロビのサブレ
3つ入りでしたが、家に持って帰って即、主人が2つ食べてしまいました
1つだけはこうして写真に納まりました

お菓子には、作り手の顔が見えるものですね~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-10-26 22:50 | Pastry | Comments(0)
<< 再び長沼リンゴ園へ +沖縄のち... 和栗のモンブラン >>