カボチャのお菓子  +11月エスニック料理の会

連休中の~んびりしすぎて、全く生菓子を作っていませんでしたが、本日ようやく通常に戻った感じで『かぼちゃのお菓子』を御紹介します

アーモンドの粒の入ったマカロン生地の上に、かぼちゃのペーストを加えたクレームパティシエールと僅かなホワイトチョコ、そしてパータボンブ入りのムースをのせます
その上に、かぼちゃのペーストに生クリームなどを混ぜて絞り、コームなどで模様付して完成
b0254207_1951592.jpg


フルールの先生のお宅でいただいた『かぼちゃのお菓子』には、マロンかぼちゃという品種が使われていると、うかがいました
非常に短い時期しか市場に出ないかぼちゃだそうです
出来るだけ、味の濃いかぼちゃを探して、ようやく「これならいいかしら」と、見つけたものを使用しました

このお菓子はかぼちゃの味が出来具合を100%作用するので、メロンのケーキ同様、素材探しが難しいです
出来上がった『かぼちゃのお菓子』 かぼちゃのほっこりした甘みと、マカロン生地の中のアーモンドの食感が嬉しい一品です

ところで、今月も香辛料好きのメンバーでエスニック料理の会♪
ハロウィンは終わりましたが、デコレーションが上手なご近所さんなので「ハロウィンの飾り、今年もなさったんでしょう?」と、お尋ねして、その後は「見たいなぁ・・・・」と目でお願いしておいたんです
分かってくださっていたのかどうかは不明ですが、デコレーションはまだありました♪

ところが、カメラを忘れてしまいました!

でも、辣油とハバネロも忘れてきたことに気づき、「辛味とカメラを取りに帰ってきます~♪」と、家に戻ったのに、またすっかりカメラを忘れて御近所さん宅に戻ってしまいました

「うえぇ~ん、またカメラを忘れてきてしまいましたぁぁぁぁ!」と、(コメント欄でお世話になっている)Kさんにお願いして写真を取っておいていただきました
何故に、これほどにカメラを忘れるのやら
『カメラ嫌い』というネガティブな意識がそうさせるのか、単なる不注意なのか、ただのボケちゃんなのか・・・情けないったらありゃぁせん

Kさんに撮っていただいたお写真です
ねぇ~ 素敵なデコレーションの御近所さん宅でしょう
b0254207_19531059.jpg
b0254207_19533478.jpg

今回の会にはスペシャル・ゲスト有り
この春、大病にかかられたものの、回復なさりつつある少し年上のサークル・メンバーさん
語学、芸術、歴史、運動といった多方面での造詣が深く、それでいて全く私のレベルに下げて分かるようにお話して下さる方です

「まだまだ70%っていう感じかな」と、穏やかな笑顔で話していらっしゃるのを見ると、少し安心しました

この日のお料理は、気のせいかマイルドな味のものが並んでいました
私の作って行った「白菜と豚バラの煮込み」も「インドネシア風肉じゃが」も辣油やハバネロを加えず、そばに添えておきました
b0254207_1954881.jpg

皆でこうして美味しく食べて、楽しくおしゃべりができることは、健康だから
健康であることに感謝
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-11-06 19:56 | Cake | Comments(0)
<< 干し柿パンときのこのスープで 11月連休の散歩道 >>