ベラベカ 

キリストのおくるみを表わしているというアルザスのお菓子『ベラベカ』
b0254207_22392529.jpg

先日の代官山でのレッスンで習った2つ目のメニューです
「洋梨のパン」という意味のとおり、普段は滅多に使わないドライの洋梨が入っています

僅かなイースト生地でたくさんのドライフルーツをつないでいくこのお菓子は、焼く前はまるでハンバーグのように見えます
焼いた後も・・・そうですね、長細いハンバーグかミートローフに見えなくもありません

教室でこれを作っていた時、ふと思い出した人がいました
それは、日本語教師の元同僚で、私より一回り年上の後輩さん
初めてお会いしたのは5年程前でしたか・・・科学技術国際交流センター主催の集中プログラムに参加なさった時のことでした

「KOOさん、私 できるでしょうか。やっぱり無理な気がします。」と、彼女
「じゃあ、やめたらいかがですか。」と、私

「・・・・・」な彼女
「!」な私

「当たって砕けろですよね」と、彼女
「砕け散ってください」と、私

こんな私のことを気に入ってくださって、今も忘れた頃に連絡くださいます
ドライフルーツが大好きだと言っていたのを覚えていたので、このベルベカを作っていた時に彼女のことを思い出したのでした

そして、その夜、何と本人から「KOOさん~」とメールが来ました
以心伝心? いや、「急ぎなので~」ということだったので、ちょっと違いますね 

何用かと思えば、念願の短期留学に行くので、書類書きを手伝ってほしかったのだそうです

久しぶりに会って、お元気そうだったので安心しましたが、少し前に大きい手術を受けたとのこと・・・
書類書きより、まずはお喋りに没頭しそうになりましたが、明日提出だというので、お喋りは後回しにして、何とか書類を終えました
ベラベカを食べながら、お茶を飲んで、何だかんだとおしゃべりタイム

帰り際に、「ドアの外のリース、寂しいよ。何か常緑樹の葉で飾ればいいのに。」と、元芸術家の彼女が言ったので、「いいの、あれが今の私の心境だから。」と、答えたら、「え?KOOさん、寂しいの?どうしたの?」と、驚かれました

いえ・・・寂しいのではなくて、本当に好きな物だけで充分な気分なのです
これが、そのリース、先日出来上がった時に記念撮影しておいた写真です
b0254207_2240056.jpg

私がリースを作っている間、空は気持ちよさそうに芝の上に寝そべっていました
b0254207_22411930.jpg


話は、先ほどの元同僚さんに戻ります
彼女が私の同僚でなくなったのは、私のせいではありません
学校の方針から離れ、フリーで仕事をするためでした
55歳から日本語教師の資格を取り、60を超えて短期留学に挑むそのエネルギー
見習いたいものです

短期留学は来年2月14日バレンタインデーに出発
まずは体調を整えて、有意義に過ごしてきていただきたいと心から願っています
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-12-04 22:48 | Bread | Comments(0)
<< NOISETTINE DUCHESS >>