謹賀新年 +LE RYOAN

明けまして おめでとうございます 
b0254207_15225764.jpg

さて、2014年が始まりました
昨夜 娘が突然39度の熱を出したので 「・・・もしかしてインフルエンザ?」と少々心配しましたが、今朝はケロリと元気になって、起きてきました
おせちモリモリ お雑煮モリモリ食べている様子を見るかぎり、大丈夫そうです

午後からは、さっそくお隣さんと一緒にボウリングへ上機嫌で出かけて行った様子を見るかぎり、心配して損した気分になりました

本人いわく、「、若いので回復早いんだな~ それに、まだ成長中なもんでね~」
じゃあ、昨日の熱は知恵熱でしたか?  いったいどこまで大きくなりたいんですか、あなたは・・・

そんな恐竜のように成長を続けている娘に作ったのは、お抹茶のケーキ
娘は抹茶ものが大好きなので、とっておきの御抹茶「藤の白」を使いました    感謝したまえ<(`^´)>
b0254207_15232969.jpg

このケーキは、Le Ryoan という名前です
すなわち京都の龍安寺をイメージされているケーキです
底生地・中生地(2枚)・側面生地(2枚)はビスキュイ生地
抹茶のムースは、ゼラチン液を約10分ほど泡立てる方法で、いつもの作り方とは違います
(年末に作った柚子のムースは、これと同じ方法でした)

泡立てているゼラチン液が冷めてくると注意です
後から加える生クリームとの混ざりが悪くなるので、泡立て終了時の温度に気を使いながら、生クリームの温度も冷やしすぎないよう温度を管理する必要があります
この点さえ気を付ければ、問題ありません

実は、柚子のムースを作った時は、ゼラチンの温度が下がってきて、生クリームを混ぜる時に相当焦ったんです
その甲斐あって(?)、今回はお湯をそばに置いて、こまめに温度管理しました

味のアクセントに、(アーモンド・ダイスの)ヌガーを混ぜたムース・ショコラが1層入っています
表面はイタリアンメレンゲなので、口に入った時の印象が非常に優しい

このケーキ、実はムース・ショコラの部分を私用と娘用に分けて作ってあります
娘はナッツが食べられませんので、ケーキの半分はアーモンドのヌガー入りで、もう半分はヌガー抜き
アレルギーのつらさは、(私もそうですが) 本人にしかわからない苦しみです  

さて、今年もBaking に明け暮れたいと思います
いろいろなルセットを試して勉強していく気 満々です
写真のまずさで、作ったお菓子までまずそうに見えないよう、今年は少しは写真撮り方の本でも読んで、こちらも勉強が必要です

では、皆様 本年もよろしくお願いいたします
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-01-01 15:32 | ごあいさつ | Comments(0)
<< 筑波山神社初詣 +お正月のすっ... 白と茶色のチョコレートのパウン... >>