風格に満ちたシナモンのロールケーキ

シナモンのロールケーキです
その名も『風格に満ちたシナモンのロールケーキ』
b0254207_20374688.jpg

生地はシナモンのジェノワーズですが、グリエしたヘーゼルナッツが入っているので、ちょっとしたチャンキーな食感があります
胡桃のリキュール「トスキノチェロ」を軽く打って、アーモンドのヌガー入りのバタークリームを巻きます
それで、ヌガーをくだいたシャリシャリした歯触りがあります
バタークリームには、アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネ、トスキノチェロ、シナモンも入っているリッチで特徴のある味です
巻いた後、ジェノワーズ生地をそぼろ状にして、さらにシナモン、グリエノワゼットとヌガーを粉状にして一緒にふりかけて仕上げます

トスキノチェロの甘く、少し捻ったような香りがシナモンと共に香りに特徴を出しています
バタークリームは複雑な味で、初め食べた時、「おいしい?おいしくない?・・・明日又食べてみよう」と思いました

翌日、食べてみると味も香りも落ち着いて、美味しいと感じられました
好き嫌いの分かれるお菓子ですが、私はシナモンもトスキノチェロも好きなので、OKです
この2つの香りのうち、トスキノチェロがこれ以上強いと、おそらく私も敬遠してしまうかもしれませんが、本当にギリギリのところでしっかりその香りが感じられる、非常に主張するロールケーキです
名前の『風格に満ちた』という表現は、この「他とは一線を引いた特徴を持ち、他を寄せ付けない」という意味なのでしょうか?
非常に代官山の先生らしいロールケーキだと思います
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-01-21 20:41 | Cake | Comments(0)
<< 柚子ムースとダックワーズを持っ... スリランカの魚の煮込み >>