跡形もなくなった松代3丁目住宅

この工事現場は、この家に越すまで住んでいた松代3丁目の公務員住宅あとです
追い出しから約7年経ってようやく取り壊されています
b0254207_2223723.jpg

つくばに引っ越してきたのは19年前、娘はまだ6ヶ月でした
宿舎の方達と井戸端会議しながら子供を遊ばせ、夏には裏の松代公園のクマさんプールに日参し、冬には毎朝結露で窓ガラスがびっしょり濡れ、それを拭くだけでも何枚もの雑巾がぐっしょり濡れて、それに伴って うんざりするほどのカビ・・・
入居した時から既に良い状態ではありませんでしたが、安く住まわせてもらえるのだから文句は言えませんでした
だんだん湿気で壁紙の継ぎ目が開いてきて、この住宅を出る時には修理代にいったいいくらかかるのだろうかと心配したものでしたが、宿舎閉鎖の通達により修理費はゼロとなりました
ちなみに、この通達数か月前に引っ越した方は、入居2年ほどで20万ほどの修理費がかかったそうで、後になって「閉鎖に伴い修理費無し」ということを聞いて随分不愉快に思っていらっしゃいました

今日は空の散歩がてらこの跡地を見に行きました

茂っていた立派な木々はすっかり切り倒され、通りから立ち止まって見ていると、幹からまだ木の香りがしました
まだ生きているという香りでした
b0254207_22195735.jpg

引っ越しの際、宿舎の方達と庭に植わっていた水仙を掘って、それぞれ今の家の庭に植えました
今年も甘い香りの花をつけています

色々な思い出がいっぱいある場所がまた1つ形を失くしました
阪神大震災で崩れた実家 壊して更地になったあの時をふと思い出したひと時でした
b0254207_2218024.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-02-12 22:25 | いろいろ | Comments(0)
<< オートミールとナッツのクッキー ピスタチオと玄米粉のサブレ >>