パッションとフランボワーズのケーキ

ラズベリーの紅いジャムでサイドの生地を彩った『パッションとフランボワーズのケーキ』です
パッションもフランボワーズも どちらも酸っぱい者同士
でも、パッションのムースの方にパータボンブとイタリアンメレンゲが入って、酸味の中にもふくよかさを持たせた味になっています
フランボワーズのババロアはパッションのムースほど凝った作りではありませんが、そのままでも1品になるほどおいしく、パッションとのバランスは最高です
ちなみに底生地はビスキュイ・ノワゼット  グリエして7mm程に刻んだヘーゼルナッツが良い香りと食感を与えてくれます
b0254207_1054337.jpg

さて、このケーキの出来上がりは、シンプルにパッションのジュレをかけただけでした
一緒に作っていたお友達に、「デコはどうするの?ラズベリーを一面にのせるの?」と聞いてみました

「ラズベリーは周囲だけで」・・・と

そうですね、せっかくパッションのジュレをかけるのですから
ラズベリー一面敷き詰めではねぇ・・・

ありがとう 私の何でも敷き詰め暴走を静かに止めてくれて

b0254207_1093624.jpg

このケーキを食べた主人は 「・・・・・。うん、美味しい。」
そのわけは、酸っぱいものが苦手+フランボワーズの種が歯と歯に挟まって痛い
大変だね

あ、そうだ 私も歯医者さんからの定期検診の葉書をもらっていました
去年は25年ぶりに歯医者さんにお世話になりましたが、今年からは楽しい老後のためにも年に2回は診てもらうことにいたしました

だって、次の25年後では もう75!
こ・れ・は さすがにまずいでしょうから
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-02-19 10:14 | Cake | Comments(4)
Commented by yoko at 2014-02-19 20:29 x
こんばんは。
パッションとフランボワーズのケーキ可愛いですね~(^^)
私も先月習いましたが、イルプルではパウンド型で焼きました。
形が変わってデコレーションされると同じケーキには見えません。
今度は丸い形で作ってみたいですが、いつも分量の計算までして作らないので・・・でもこのケーキはとっても好きなので頑張ってみまーす!
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2014-02-20 00:06
yokoさん、お久しぶりです♪ コメント有難うございます。
確かに、同じケーキでも形が違って、ほんの少しデコレーションが違うと印象が変わりますね。
私はデコレーションが苦手なので、困ります~
私は今度作る機会があったら、6~7cmのセルクルで作ってみようと思っています。
そうしたらフランボワーズ2つくらい並べたらOK?かと安易な考えから、セルクルで作ってみようと思っただけなんですけどね・・・(-_-;)
Commented by REINETTE at 2014-02-27 23:54 x
暴走するとこだったの(笑)・・・そろそろ私もUPしないと(笑)
いつもありがとう
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2014-02-28 09:32
そう、あの一言が無かったら、きっとラズベリーの赤いカーペット状態に敷き詰めていたことでしょう。
そうなっていたら、パッションと喧嘩になっていたでしょう。
バランスっていうものをよく考えなくちゃね~
<< 金柑のミニ・パウンド オールド・シンハラ・スタイルの... >>