AVALON

ブルターニュ地方のケルトの民話の中に出て来る幻の島Avalon
その島ではリンゴが沢山実っていたとのこと
そこから付けられた名前のお菓子 『アヴァロンAVALON』です
b0254207_13384758.jpg

バルサミコを加えたリンゴのコンポートを裏ごししたムースの間にバニラのババロアが隠れています
バニラのババロアの隠し味はオレンジキュラソー

ジュレも勿論リンゴのジュースとカルバドス

底に敷かれたクルスティアン・ノア・レザン(パートシュクレを崩して、胡桃とレーズンを溶かしバターでまとめたもの)が柔らかく滑らかなお菓子にザクッとした食感と香りの変化をつけます
この部分が無いと、美味しさ半減

ところで、このお菓子の名前を聞いた時(作る前ですが)、リンゴではなくアーサー王伝説の方を思い浮かべてしまいました
ケルトの神話・伝承民話に出て来る陸の異界(楽園)と海の異界(楽園)の中の1つがアヴァロン
アーサー王が最後に辿りついた海の異界であり、最期を迎えたのがアヴァロンだったという物語のイメージから、一体どんなお菓子なのだろうかと思いました

ケルト語でabalはリンゴを意味します
なるほど、戦いの最期ではなく、リンゴですね
以前にも同様の勘違いをしたことがありますが、私は戦争マニアではありません

リンゴのお菓子もそろそろ終了時期
でも、あともう少しいくつか作ってから♪

話は変わりますが、こんやから数日友達が泊まりに来ます
家に来てくれるのは2年ぶりかしら・・・楽しみです
でも、明日はイルプルー最後のレッスン日 彼女も遠くまで用事に出かけますので、あまり夜更かしはできません
といっても、きっと話が盛り上がって寝るのが午前様になることでしょう♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-03-09 13:41 | Cake | Comments(0)
<< 大根とレンズ豆のカレー+魚コロッケ お弁当 >>