杏とピスタチオのシブースト

b0254207_2351172.jpg

パートシュクレの中にキルシュでマセレした杏をいっぱい入れ、ビターアマンドエッセンスの香るピスタチオのシブースト・クリームで覆ったドゥニさんのお菓子です
シブースト・クリームの量がいつもより少ないのは、杏の味がピスタチオの味に負けないよう考えられているからだそうです
b0254207_23512882.jpg

これは10日の月曜日に代官山の教室で教えていただいたものです
先生はエピスリーのムッシュ福田  
まだお若いくて、女性達(しかも多くは中年女性)の視線を浴びながらのレッスンはどのような気分だったのでしょう
静かな口調、穏やかで美しい所作、少しはにかむように時々冗談も交えての丁寧なレッスンでした

お菓子のコース最後のレッスンとなり、レッスン後に椎名先生もお越しくださって、リキュールの会で終了となりました
弓田先生、椎名先生、そして先日お亡くなりになった深堀先生に、味わい深いお菓子と技術を教えていただけただけでなく、お菓子作りのお友達に出会えたことをイルプルーに感謝します
今後はレギュラーのレッスンは有りませんが、『イルプルの1年』、『ドゥニさん講習会』、技術見直しの再受講に時々参加していきたいと思います
できているつもりで作り続けるのは危険なこと 
見落としていること、気づかずにしている間違いを見つけながら、お菓子作りを続けていきます

先生方、お友達の皆様 これからも宜しくお願いいたします
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-03-11 23:51 | Pastry | Comments(0)
<< アリゾナ・フレンド&戎のおじさ... 大根とレンズ豆のカレー+魚コロッケ >>