ドゥニさんのシャルロット・フレーズ

以前、弓田先生のシャルロット・フレーズをUPしたことがありますが、今日のはドゥニさんのルセットで作ったものです
先日、府中の先生に教えていただきました
b0254207_228599.jpg

薄焼きのビスキュイジョコンドに苺のジャムを塗り、生地を重ねて縞模様を作ります
中は、苺のピューレと生の苺のジュースの両方と、苺のリキュール、苺のイタリアン・メレンゲ・・・と、苺尽くしのムースです
b0254207_229202.jpg

ムースの中に、生の苺を入れますし、飾りにも生の苺を使うので、今ちょうど苺が出回っている時にはぴったりのメニューです
表面のジュレは生の苺のジュースを使って、さらにフレッシュさをUPさせています

ところで、全体の写真と切った状態の写真とでは、随分撮り方が違うと思われませんか
えへへ~ 実は・・・全体を撮った写真は、御稽古が終わってすぐに、お友達のREINETTEさんに撮っていただいたんです
私が家で撮った写真が使い物にならなかった場合のために、そう、念のために

で、私が自分で撮ったのはこれ
b0254207_2294559.jpg

なんだか、薄いんですよね 印象が・・・

御稽古の時、もう1枚お願いして撮っておいてもらった写真があります
これは、先生のコレクションの1つ マイセンです
b0254207_22101162.jpg

磁器の白さというのは、実に様々あって、一口で 『白』とは言えません
良いお皿の白さというのは、のせたお料理を美しく見せてくれます
先生が試食の時にお使いになる食器は、どれも上質なものばかり
お片付けの時の私達といったら、「割らないように~ はい、渡したよ~」と、バケツリレーのように片づけます
でも、先生は「食器は壊れるものよ~」と ふふふ~って、笑って見ていらっしゃいます

REINETTEさんが撮ってくれた写真のお皿は、このバラの模様がケーキの下に隠れています
食べ終わった時に、模様が現れるというのも、目を楽しませてくれます

Mさんが先にこうやって撮ってもらっていたので、私も便乗~
この日は、もう一人の仲良しTちゃんがお休みで淋しかったです
Tちゃんに次に会えるのは5月かしらね  一緒にお稽古できるのを楽しみにしています

弓田先生とドゥニさん 修行の頃からの親友
そのお二人の『シャルロット・フレーズ』 どちらも習えて、光栄です
毎年、春には作ります(*^。^*)
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-04-12 22:11 | Cake | Comments(1)
Commented by BakingEveryDayTM5 at 2014-05-06 00:56
dezire_photoさま、マイセン陶磁器についてのご説明のページを拝見いたしました。
マイセンの場所など、漠然としたことしか知りませんでしたが、勉強になりました。
有難うございました。
素敵なブログ、また拝見させてください。
<< チョコ味ミュズリー +ドライト... 嬉しいいただき物でランチとおやつ >>