シュクセ・プランタン

今日から5月
気が付くと、もう5月になっていました

今日は五月晴れでもなく、薫風と呼べる気持ちの良い風でもありませんが、とりあえず晴れました
風にあおられながら今年1番に咲いたクレマチスは『ルター』でした
b0254207_1440184.jpg

濃い赤紫色の花です
丈夫なんです、クレマチスって  
今まで何本も根こぶセンチュウにやられてかれましたが・・・それでも、とにかく強いんです
この執拗な強さが好きなんです

さて、草花の春本番の時期にとても良い名前のお菓子をご紹介♪
『シュクセ・プランタン』です  春のメレンゲ菓子 と訳せばよいのでしょうか
b0254207_1440384.jpg

ダックワーズのように見えますね ダックワーズと同じく卵白とグラニュー糖で作る生地ですが、低温で40分ほどかけて焼き、サクサクになります
このフォンド・シュクセ(シュクセ生地)には、バナナリキュールも少し入っています

クリームは基本のクレーム・オ・ブール(バタークリーム)にバナナのリキュール、プラリネのアマンドとノワゼットの両方、さらにキャラメルのバタークリームを加えたものです
生地のしっかりした甘さに負けない濃い味のクリームです

地味ですが(イルプルの焼き菓子は総じて地味・・・)味わい深いお茶菓子です
とても私好み♪ しかし、主人の反応は「ふ~ん・・・・」でした
というのは、主人は卵白のお菓子があまり好きではありませんから
カスタード的な『卵黄』の存在が必要なのかも知れません

今日はこの風の中、庭掃除はやる気にならないので(埃でアレルギーが出ると面倒です)、連休の中休みをうだうだ過ごして・・・
それから、明日から数日帰省する準備でもしようかな♫
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-05-01 14:43 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< バナナのショートケーキ 主人の理想に1歩近づいたカスタ... >>