抹茶

昨日は久しぶりに代官山イルプルーでのレッスンに行きました
お菓子のコースは今年の3月に(キッチンエイドを除いて)ひととおり終了しましたが、受講できなかった振り替えがまだ2つ残って、その1つが昨日の卒業研究Ⅰのクラスでした
折角のイルプルの日だというのに、実は少々夏バテ感覚で、この私が・・・・出かける前にアリナミンを自主的に飲みました
午後から効いてきて、ようやく目が覚めた気分
でも、午前中はローマジパン入りのビスキュイ生地を作るときに、ボウルにいきなり卵黄を入れて、そこにローマジパンと粉糖をそのまま入れようとしました
はっ!何か変?!と、気づいて、入れはしませんでしたが、いや~ びっくりしました
この失敗しかけのおかげで少しは注意を喚起することが出来ました  

b0254207_1242118.jpgこれは昨日教えていただいたお菓子のうちの1つ、その名も『抹茶』!
「見たまんまじゃん、そのネーミング・・・」だなんてお思いにならないでください
まことに先生らしい名づけ方です

先生は、この「抹茶」をはじめ、「ヨーグルトとみかん」(誰かさんが「保育園のおやつじゃないんだから・・・みたいなネーミング」とか、おっしゃっていましたね)、など非常にストレートなネーミングをなさるか、「過ぎし日の淡い思いのグリヨットの氷菓」とか「心とこめかみを締め付けるチョコレートとムラングセッシュ」のように詩人的な名前をお付けになります

さて、この「抹茶」は今までに習ったイルプルの抹茶のお菓子の中で、最も誰からも愛されるものだと思いました
ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール生地で、抹茶のババロアと抹茶が少し入っているクレーム・シャンティ・ショコラ・ブラン(ホワイトチョコ入り生クリーム)をサンドしてあります
生地、ババロア、ショコラ、ポンシュに至るまですべて「寶相華」という色も香りもよい抹茶を使っています

抹茶の細かい粒子で生地の泡が消えやすいことに注意しながら作れば、非常に美味しく作りやすい一品になります
Baking Daily のHP (昨夜、6月7月分をUPしましたが、フォントが統一されておらず醜くくなっており
申しわけございません、近いうちに修正します) の方には、レッスンメニューとして加えていませんが、ご希望であればお申し出ください
これから新茶の季節に是非ご賞味いただきたいメニューです
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-06-03 12:06 | Cake | Comments(2)
Commented at 2014-06-03 18:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-06-03 18:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 肉餅 タイ風豚肉のソテー+スパイシーソース >>