マンゴーとバジルのムース

きれいなバジルでしょう♪ 嬉しいいただきものです
b0254207_16414180.jpg

京都から戻って来た日に頂戴して水に挿し、その生き生きした緑色を愛でながら、時々葉を摘まんでは楽しんでいます
そばに近づくだけで爽やかな香り   
す~っと深呼吸すると、気分もス~っとして、ハァ~って気持ちいい

この新鮮さを楽しむためには、もう今日か明日中にはバジルのペーストにしたほうが良さそうですが、その前にお菓子にも使わせていただくことにしました
b0254207_1643952.jpg

『マンゴーとバジルのムース』です
これは一昨年の「イルプルーの1年」で発表されたメニュー
バジルを使ったお菓子は他にもありますが、私はこの色鮮やかなお菓子が好きです

例年なら今頃はまだまだ暑い(お彼岸までは充分暑いですよね・・・今まで生きてきた記憶では)ですが、今年は異様な涼しさ
このお菓子が少し季節から外れてしまったような印象を受けそうですが、今年の夏とのお別れのお菓子として作りました

これからは秋色の食材♪
無花果の赤紫、葡萄の濃紺と黄緑、梨のくすんだ金茶色 栗の茶色 そして林檎の紅色・・・
さて、どれから始めようかと思っていたら、主人が「はい、大好物だよ」とカバンから出したのは『栗の渋皮煮』ではありませんか
b0254207_16475354.jpg

主人が職場でお世話になっている御嬢さんからの嬉しいいただきものです
千代田へ栗ひろいにいらっしゃったそうです
この渋皮煮は、ご自身で作られたのでしょうか? あるいはお母様? 
去年も一昨年も手作りの渋皮煮をご馳走になり、今年もこうしてお気遣い有難うございます
あっさり上品なお味 これは危険・・・理性を持って1日1粒限定(自制心が大切!)で楽しませていただきます

さて、話は変わりますが、昨日の娘のクッキングMOMON’S KITCHENのメニューはイタリアーンで『カルボナーラ』
b0254207_16451237.jpg

いつもよりちょっと良いベーコンを使って、生クリームと卵で仕上げたカルボナーラはしつこい味ではなく、おもったより軽い後味 
昔 イタ飯が流行ったころ、ある店で食べたカルボナーラ、若かったはずの私でも重いと感じたのは何故だったのでしょう
最近、パスタというものを全く食べていなかったので、ちょっと新鮮感ありで良かったです

京都へ帰るまであと1週間ほどになりましたが、帰るまでこうして実験は・・・いえ、調理を続けてくれるそうです
今年の秋のダイエットは相当大変になりそうな予感・・・ではなく、実際大変です
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-09-09 16:49 | Cake | Comments(0)
<< 全く料理する必要がなかった楽ち... スフレ・ロールケーキ >>