ほおずきとバナナとチーズのクラフティ

先週、府中の先生のところで作った『ほおずきとバナナとチーズのクラフティ』
これは昨年イルプルで行われた(イルプルのOB)牧野シェフ(清里・アングーテ・ア・ラ・カンパーニュ)の講習会でのメニューです
b0254207_14585910.jpg

空焼きしたパートブリゼ生地の中にほおずきとバナナを並べて、クリーム・チーズ、カマンベールチーズ、チーズコンサントレを加えたアパレイユを流し、グリュイエールとエダムチーズのグラニテをかけて焼いたものです

少し温かい状態で食べると、チーズの風味の中からバナナのほのかな甘さとほおずきの甘酸っぱさがかすかに感じられて美味しいです

食用ほおずきは、まだあまり市場に出ていませんが、写真の中にある羽子板の羽のようにかわいい実がそうです
お盆前に自称『食いしん坊』さんがお庭から持ってきてくださったもので、甘酸っぱくて美味しくて、いただいた半分以上食べてしまいましたが、まだ冷蔵庫に12個ほど残してあるんです
新鮮さが失われると分かっていても、まだ取ってあるという・・・なんというか・・欲張りな私です

ほおずきの季節はお盆頃ですが、このお菓子の味わいから考えると、今頃の涼しくなってからの方があっていると思われます
来年の計画:「食用ほおずきの苗が売っているそうですし、桜や霞ケ浦の直売所でも取り扱っているとくことが分かりましたので買い占めたい!」

どこまで貪欲なのでしょうね 私

・・・はい、底なし沼です  ふふふ~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-09-18 15:01 | Pastry | Comments(0)
<< ル・ピエモン +豪華なランチ たまに優しいお姉ちゃん >>