DEAUVILLE ドーヴィル

リンゴで有名なノルマンディーには有名な避暑地もあります  
名前はDeauvilleドーヴィル
その『ドーヴィルDeauville』という名前を付けられたお菓子をご紹介いたします♪  
今年のドゥニさんの講習会でのメニューの1つで、リンゴとカシスのケーキです
b0254207_2232397.jpg

底生地と中生地はロマージパンのビスキュイ、底生地にはカシスのポンシュを打ち、中生地にはカルバドスのポンシュを打ちます
底生地を敷いた上にカシスのババロア、中生地を敷いた上にはリンゴのムースを絞り、ガルニチュールはリンゴのプレザーブです
最後に、リンゴのジュレをかけて出来上がり

このお菓子の美味しさは、なんといってもカシスのピューレとカシスのリキュール、シードルとカルバドスにある! と、カシスリキュールとカルバドスLOVEの私は思います

しかし~ ドゥニさんのお菓子は美味しいですが、恐ろしいほどの細かい計量があります
でも複雑な味を出すための工程と考えれば、なんのその! <(`^´)>
・・・と、偉そうに本気でいってみたい
だって、カシスのババロアに使う材料を(イタリアンメレンゲの材料もバラして)数えると20もありますもの
だからといって簡略化すると、やはりこの味は出ないはず・・・だったら、頑張ってこの美味しいものを作るか、そうでなければ食べないかでしょう ね?!

話は変わりますが、京都の娘の晩御飯作りは続いているようで、何枚かの写真が送られてきました
まずは、本人『クラムチャウダー』だというのですが、どこにアサリがあるのか全く見えません  
でも、本人がそういうならきっと何処かにアサリが隠れているのでしょう
b0254207_2233757.jpg

次は『ポトフ』  ふむふむ、これはそれらしく見えます
b0254207_22353376.jpg

そして、肉たっぷりの『カレーうどん』だそうです
朝晩冷えてきているようなので、こういう温まるメニューが増えているのでしょう
b0254207_22355488.jpg

「料理するのって面倒くさくない?」と、聞いたら「気分転換にいい」そうです
2週間前に帰省した時、一緒に本屋へ行きましたが、以前なら漫画コーナーへ直行していたのに、料理本のコーナーに先ず行って、あれやこれやと選んでいました

あともう1つ 『オムそばライス』も作ったそうです
初めてきれいに卵が巻けた!と、喜んでいました
b0254207_22375916.jpg

来月、娘の所へ行く予定なので、その時には電子レンジオーブンのオーブン機能の使い方を教えてこようと思います
オーブンが使えるようになったら、料理がもっと楽しくなるはず
でも、少々反抗的というか天邪鬼的な部分があるので(私に似ている悪い部分)、「オーブン使えたら、もっと面白くなるよ」と言ったらきっと「めんどくさーい」と言うことでしょう
そのくせ、あとになって「オーブン使ってみた」とかつくレポが来るんだと思いますけどね

さて、明日は府中の先生のところで御稽古の日
(ちなみに今日は武蔵境の先生のレッスンでしたが、またのちほどゆっくりUPします)
楽しみです♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-10-22 22:39 | Cake | Comments(0)
<< 大根とレンズ豆のカレー プレーンなシフォンケーキ >>