プルーンのロールケーキ

皆様、プルーンはお好きでしょうか
私は大嫌いでした 
小さいころ食べたミキ・プルーンがトラウマになるほど美味しくなかったからです
でも、長い時間を経て、美味しいプルーンに出会えて以来、プルーンのファンになっています
食べ物でも人でも、第1印象がその後を大きく左右するものですね

唐突にプルーンについて書き始めましたが、今日のお菓子は 『プルーンのロールケーキ』です
b0254207_21594275.jpg

生地のジェノワーズが茶色いのは、アーモンド・パウダーやシナモンが入っているからです
ヘーゼルナッツとアーモンドをローストした後、2mm大に挽いて加えてあるのでクランチーな食感がいいです

焼きあがった生地に、プルーンをマラガワインで漬けておいたシロップにコニャックを足してポンシュを打ちます
その後、ペーストにしたプルーンを前面に塗り、クレーム・シャンティショコラ(生クリームとホワイトチョコレートを合わせたもの)を重ねて塗り、プルーン・ペーストを生地の1部分にだけのせてロールします

ロールケーキなんて楽勝~♪ と、鼻歌歌いながらクルクル巻きたいところですが、この生地ときたら、ちょいとくせものです
生地が薄めな為、少ししっかり焼けたら御注意!  巻く時、われまーす 崩れまーす 困りまーす
巻き込むクリームも結構あるので、生地がわれたところから出てきまーす 手につきまーす 困りまーす

でも、少々われたとしても(←「少々」ですよ、それ以上ばっくりわれてしまったら別です)大丈夫です 
表面をクリームで覆うときに、われたところに塗りこんで修復作業します
なにせとてもやわらかいケーキなので、丸太のようになっていられず、このようにトヨ型になって落ち着いています

このケーキは、昨日隣の県から車をぶっ飛ばして来てくれたお友達のことを書きましたが、その彼女と作りました
彼女もご自宅でお菓子を教えていらっしゃっていて、一緒にお稽古に行っても、お教室でピカイチな彼女
そんな彼女に、「ポンシュは両面よ」とか偉そうに言っちゃったりして、おぉ~ゴメンナサイ

そうそう、そんな彼女から嬉しいいただきものです 
イタリアンのレッスンに通っているそうで、トスカーナのオリーブ油と
b0254207_16544456.jpg

そして、連休にご家族と奥入瀬へドライブにいらっしゃった時のお土産「味噌カレー牛乳煎餅」です
b0254207_16551230.jpg

青森は味噌カレー牛乳ラーメンが有名なのだそうで、その味をお煎餅にしたそうです
サクサクと軽くて、ほんのりカレー味が後を引きます つい、もう1枚・・・と、食べてしまいます (-_-;)
有難うございます  気を付けて食べます♪

このお友達も自宅で菓子レッスンなさっていて、それこそレッスンのことや食材のことなど、話を始めたら話が尽きません
でも、小さい子供たちが返ってくる前にお家に到着しておかなくてはね
次に会えるのは、もう来年! 
少し早いけど暮れの御挨拶   今年も仲良くしてくださって有難う 来年もよろしくね~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-12-05 22:02 | Cake | Comments(0)
<< ちょこっとおつまみ系のチーズク... スペキュロス >>