LE CROQUANT

今日のおやつは小さいながら非常にリッチな味とカロリーの『ル・クロッカン(LE CROQUANT)』
ドゥニさんの1990年の講習会でのお菓子です

生地はダックワーズですが、アーモンドパウダーの代わりにヘーゼルナッツパウダーとグリエしたヘーゼルナッツの粒を加えてサクサクに焼きます
名前のcroquantは、「カリカリした食感」を表しますから、それにふさわしい焼き方です

中のクリームはムース・ア・ラ・ノワゼット(ヘーゼルナッツ)
カスタードクリームにヘーゼルナッツのプラリネを加え、バタームースを加えたものです
バタークリームにイタリアン・メレンゲが入っているので、(味はしっかりしていますが)軽い口どけです
このクリームを生地に絞って、ヘーゼルナッツをキャラメリゼしたものをのせて、もう1枚の生地でふたします

こんな小さいおかしですが、1つで充分な満足感 もう少し小さくてもいいくらいです
b0254207_1564876.jpg

寒くなると、こういうしっかりした味わいのある焼き菓子が美味しく感じられます

写真の後方に茶色い生き物がおこぼれを狙っています
手前のお皿にのせたお菓子にだけ視点を集中させてください
前のお菓子と後ろの生き物を一緒に見ようとすると、この写真をご覧になっているあなた様の目の焦点がうまく合わなくなります

そうです、茶色い生き物と目を合わせないように撮った写真ですから、お皿のお菓子に焦点を超合わせてあります

ところで、関西のお友達Hちゃんから嬉しいいただきものです
b0254207_1571277.jpg

お正月にぴったりな詰め合わせ
b0254207_1573037.jpg

Hちゃんとは間も無く30年のお付き合いになります
辻のクラスで2年間一緒にお料理を習っていた時以来仲よくしてもらっています♪
トマトのようにまあるい顔で、怒っていても笑っているように見えるHちゃん
お互い「~ちゃん」付けして呼び合うには歳を重ねすぎたかもしれませんが、彼女には「~ちゃん」という可愛い響きがぴったりです
実年齢より相当若く見えます  私より3つとしい上ですが、私より3つ年下に見えます

いつも笑顔のHちゃんですが、今年の春 体を壊して暫く入院していました
退院してから養生していて、趣味のコーラスにも復帰している、と 11月に帰省した時に話してくれました
快気祝いにランチをご馳走したから、きっとそのお返しの気持ちで送ってくれたのでしょう
そういえば、今日あたりコンサートだったのではないかしら・・・
体調を整えて、ちゃんと舞台に立てたのでしょうか ちょっと心配  

少なくてもあと30年は一緒に遊ぼうね、Hちゃん♪
だからちゃんと体を大切にね
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-12-14 02:00 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< 主人の平日カレー お菓子『ロタンティック』と麻婆... >>