苺のショートケーキ

昨日の土曜日は、今年の初レッスンでした  
今年もBAKING DAILYのレッスンに来てくださる皆様と「美味しいね」を御一緒できるよう、勉強していきたいと思います

さて、メニューは春らしく 『苺のショートケーキ』♪
b0254207_1839335.jpg

代官山「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」春の定番ともいえるお菓子です
生地はローマジパンを入れたビスキュイ・オ・ザマンド
ジェノワーズのようにシルキーなテクスチャーではありませんが、ローマジパンのコクがある生地で、そこにたっぷりの苺シロップを打ちますので、ジェノワーズ生地以外のショートケーキを試してみたい方にもいいと思います

また、生クリームにイタリアンメレンゲを加えたふわふわのクリームと苺のスライスを重ねてあります
「イタリアンメレンゲは必要ですか」と、思われることでしょう
勿論、生クリームだけでも十分美味しいのです
でも、イタリアンメレンゲが入ると、さらに軽く、また別の口どけが生まれます
仕上げから数時間置いた方が、ケーキが落ち着きますが、私はこの出来立ての崩れていきそうな(実際、切るときに崩れかけます)フワフワのクリームと少しざらっとした生地のコントラストを楽しんでいただきたいので、このケーキのレッスンの時は必ず一緒に(前日に作り置きせず)作って、試食を召し上がっていただくことにしています

ところで、クリスマス時のレッスンでの『苺のショートケーキ』は、小金井の先生のものでした
どちらもそれぞれの美味しさがあり、「苺のショートケーキでは、どちらの方がお薦めですか? お薦めの方を作りたいんです♪」と言われたら、「どちらもお薦めですから、どちらも作ってみてください。」と答えます
そして心の中で、「よろしければ、レッスンの予約を2回入れてくださいませ♪」と、つぶやいています

苺のケーキを作るときに毎回心配になることがあります
それは、美味しい苺を探すことです  
はっきり言って、なかなかありません
しかし、金曜日の午前中に牛久のポケットファームで購入した苺が大当たり!
b0254207_18394966.jpg

香りOK!(^^)!   甘さOK(^_^)/   形と粒の揃い方もOK(^O^)
そして、お値段・・・下世話な話ながら4パックで1400円、つまり1パック350円という嬉しい価格(*^^)v
思わずニコニコ印がたくさん出てしまいましたが、本当に嬉しい苺でした
苺を見ると、「ああ、春が近いね」と嬉しくなります

苺と一緒に もう1つ購入したものがあります
ヒント:「これは鍋には入れられないのかしら?」と思います
さて、お分かりになりましたか
また明日ご報告いたします
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-01-11 18:41 | Cake | Comments(0)
<< ポロ葱のキッシュ ポーカーフェイスの空 >>