春を感じさせる杏のムース

先月の初めごろ作ってUPし忘れていたお菓子があります
作った時には、「あ~ お菓子の名前通りの今日この頃ですね~」なんて言っていたんですが、今となっては少々時期が遅くなった感じが・・・・

このお菓子は『春を感じさせる杏のムース』という名前です
b0254207_20355364.jpg

非常にシンプルな仕立てのお菓子ですが、杏の甘酸っぱさがお好きなら、同じく杏を使っている『アプリコティエ』より酸味度がまろやかで、食べやすいお菓子だと思います
春先にはこのお菓子で、初夏には酸味の強い『アプリコティエ』ですか

この『春を感じさせる杏子のムース』は作る前日にドライ・アプリコットをシロップで1時間ほど煮て一晩寝かせるところから作業が始まります
生地はピスキュイ・オザマンド  
焼きあがった生地は厚さ1cmを2枚取り、アプリコットのピューレとリキュールでポンシュして、1枚(底生地)は型に敷いて冷やし、もう1枚(中生地)はババロアができるまでスタンバイ

杏のババロアは、イタリアンメレンゲを作って冷やしている間に、アプリコットのピューレでアングレーズを炊き、これを40℃まで冷ましている間にイタメレと生クリームを合わせて、最後にアングレーズと合わせます
底生地にババロアの半分を流して(前日から煮込んでおいた)ドライ・アプリコットを並べ、残りのババロアを流したら中生地を置きます
シャンティ・ショコラ・ブラン(泡立てた生クリームに溶かしたホワイトチョコを混ぜたもの)を中生地の上に流し、冷え固まったら、最後に杏のジュレでフィニッシュです

こうやって作業の順序を書き起こしてみると、意外に単純・・・いえ、シンプルではありませんでした
でも、記憶の中にはとても作業が楽で、それにしては美味しかったという感想だけが残っています
記憶というのは本当に曖昧なことが多いです

来年の3月か4月頃のレッスンのメニューに取り入れてみようかしら
もし、このお菓子のことを覚えていたら・・・・ですが “(-“”-)”
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-05-19 20:38 | Cake | Comments(0)
<< ドライフルーツのパン バターロール似の犬 >>