Phaneang Nuea 牛肉のパネーン・カレー

昨日はタイ料理のレッスンへ
すっかりはまってしまったタイ料理  
昨日はイルプルのフランス料理レッスンの日でもあったのですが、こちらの方は来年に振替が可能なので、学校の好意に甘えて来年受講します
お友達のTちゃんに会えないのが残念でた・・・あ、でも明日の府中でのお稽古で会えるのでしたわ

メニューは『牛肉のパネーン・カレー Phaneang Nuea』
石臼でペーストをコツコツ叩きながら作るレッスンでした

昨日は2人で1組作業  組んでくださったのは、以前『スアローン・ハイ』『ソムタム・ムア』で御一緒した方   
とても親切で素敵は女性 (*^-^*)さんとお呼びします
彼女は実はプロとして御活躍中の方なんです  (昨夜家に帰ってから知ったんですが・・・)
でも、こうして習いにいらっしゃっているんです

パネーン・カレーの材料は陸の動物を使うこと(魚や野菜は入らない)が基本だそうです
ちなみに、レッド・カレーペーストをベースにいくつかの香辛料を加えて代用している場合もあるそうです

まずは先生のデモからスタート
これは、ペーストに使う香辛料で、ナツメグ(ルークチャン)とメース(ドークチャン)
b0254207_9552116.jpg

同じ実で部位の違い でも、香りが明らかに違います
ナツメグの方が、冷たい香り・・・と申しますか、爽やかな印象です

デモに使うペーストはできていましたので、先生は牛肉の下ごしらえから
ココナッツミルクに牛肉とバイマックルーの葉を入れて、水分がなくなるまで煮ます
b0254207_9554666.jpg

別に計量されたココナッツミルクはスープストックと合わせ、さらに別に計量されたココナッツミルクを鍋に入れて煮詰めます
b0254207_9564026.jpg

ペーストを入れて、香りが出て、脂が出るまで炒め、色が少し変わってつやっぽくなったら、スープストックを少しずつ入れては煮詰めて脂を引き出す作業を数回
b0254207_957781.jpg

充分に脂が出たら、牛肉、調味料を入れて煮込みます
b0254207_9572715.jpg

汁けがトロッとしたらOK
b0254207_9575537.jpg

b0254207_9582221.jpg


次は各班で実習開始
私がレモングラスやカーを刻んでいる間に、(*^-^*)さんがコツコツと唐辛子から叩き始め
b0254207_9585966.jpg

途中で交代し合いながら(手慣れた彼女のおかげで)綺麗にできたペースト
b0254207_9592989.jpg

ココナッツミルクに入れて、先生のチェックをいただきながら 
b0254207_9595961.jpg

できました!  私達のパネーン・カレーです
b0254207_1002499.jpg


「さあ、食べましょう!」と、時計を見たら、すでに21:30
このレッスンは19:00開始だったのです
先生のペースト作りがあったなら、きっと食べ始めるのがもう30分後になっていたことでしょう

カレーを急いで分けて、配られた御飯で少し試食して、大慌てで皆さん帰り支度
盛り付けている暇なく    もちろん写真を撮る状態でもなく   
持ってきた容器にナミナミとカレーを入れて、パクチーやホーリー・バジルも入れて
「お疲れさまでした~!」と、教室を出たのは既に22:00
家に帰ったのは23:40・・・・・

今朝はなにげに右腕が重いです
石臼コツコツ作業に慣れず、変に力が入っていた証拠
こんなふうにペーストからカレーを作る日本人って、タイの人から見れば、「お揚げの油抜きから初めて、出汁を出して煮込んで稲荷ずしを作る外国人」と同じなんだろうなぁ・・・
タイは外食文化だし、「日本に来るまで料理なんてしなかった」というタイ人女性ほとんど

次回は来週  楽しみです
作業を一緒にしてくださった(*^-^*)さん、有難うございました
また御一緒できた時には、よろしくお願いします
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-07-08 10:01 | Cooking Lesson | Comments(2)
Commented at 2015-07-08 15:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-13 00:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 今日の府中のお教室はフレンチ お日様色の杏*クランブル >>