Pet Yaang ロースト・ダック

食べタイ 作りタイ タイ料理レッスンに参加してきました
今回は非常にマニアックなメニュー『Pet Yaang ロースト・ダック』でした
ダックというのは、カモではありません  アヒルです

アヒルさんのデモの前に、紅花と菊花のお茶を作ってくださいました
レッスン後の試食タイムの時に、いただきました
b0254207_22413670.jpg

さて、デモ開始!
アヒルは鶏と違って臭いがあるので、生姜や五香粉やパクチー、ニンニクなどをお尻からお腹に詰めて匂い消しをします
先生と通訳さんがしきりに「アヒルのお尻は臭い~」とおっしゃっていました
「アヒルのポン尻は食べられません。臭くてねー。」と

これらが出てこないように竹串でジグザク縫いして、更に糸をかけます
b0254207_22421757.jpg

そして通訳さんが持ちだしたのは空気入れ
お尻同様竹串で閉じられた首の近くに針を差し込み、シュクシュクと空気を入れていきます
b0254207_22425448.jpg

空気を入れないと、焼いた時に皮と身がくっついてしまって、ダメなんだそうですが、少しずつ空気が入って行くとアヒルさんの腕が持ち上がってきます
b0254207_22432747.jpg

見ていて、なかなかグロかったです   
ほら、お腹の皮がパンパン  この張りが出来上がりに大切だそうです
そのうち、ガァー とか鳴いたりしたらどうしよう・・・グロイ妄想
b0254207_22435619.jpg

お腹がパーンと張ったら、棒に吊るされ
b0254207_22442776.jpg

次は色づけ液をかけます
b0254207_22445113.jpg

熱い液をかけると、皮がますますパーンと張ります
そして、網にのせられ乾燥タイム
b0254207_22451491.jpg

その後、先生は2種類のソースつくりを見せてくださいました
乾燥は1時間以上かかり、更に焼くのに時間がかかるため、このレッスンではすでに料理された試食用のものが配られていました
で、私たちは焼き上がったアヒルのお腹から取り出されたハーブを叩き、同時に出てきた汁(写真下)に
b0254207_2246778.jpg

・・・調味料を加えてソースを作り、もう1つ別の甘酸っぱいソースを作るだけの実習でしたが、アヒルさんの変わりゆく姿を見ていたら十分に実習した気分になりました

さて、試食タイムです(*^。^*)   これは先生の盛り付け例です
b0254207_2247482.jpg

ピンク色のものはガリです  生姜の甘酢漬けがこのクセのある料理に合います
アヒルさんの濃いソース(右)と、さっぱりしたソース(左) どちらも美味しい~
b0254207_22473099.jpg


今回の実習では、落ち着いたマダムとまだ若い奥様、そして前回に続き今回も組ませていただいた(*^。^*)さんと、(6月に御一緒した)ミスターKと組ませていただきました
(*^。^*)さんは、「食べちゃおうかな~ でも、家に帰ってビールで食べたいなぁ・・・」と、結局お皿に盛られた分は召し上がっていました
だって、美味しかったんですものね   
それに19:00から始まったレッスンは既に21:00を回っていましたので、正直なところ食べない方がいい時間ながら、お腹がすいていたのも事実でしたしね
皆さん、また御一緒出来る時が有ったら、よろしくお願いします~_(._.)_

嗚呼 ますますはまるタイ料理  皆さんも一緒にはまりタイと思われませんか
是非ご一緒に♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-07-17 22:54 | Cooking Lesson | Comments(0)
<< 連休1日目はお買いもの♪お買い... キッシュ・ロレーヌ&ブルーベリ... >>