第30回ドゥニ・リュッフェル氏を迎えての技術講習会

「第30回ドゥニ・リュッフェル氏を迎えての技術講習会」に参加しました
先週、代官山の蔦屋書店で行われたドゥニさんのお茶会に参加しましたが、今日はフランス菓子の講習会でした
お菓子の講習会は2日ありますが、私は今日のみの参加です
教えていただいたお菓子は5つ  忘れないうちに記録しておきます
 
『Conversation au citron confit コンベルサシオン・オ・シトロン・コンフィ』
b0254207_22464821.jpg

レモンの皮のコンフィとレモンのクリームのタルトです
低温で1時間ほどかけて焼いたメレンゲが軽い!  

『Escapade エスカパッドゥ』
ライチ、マンゴー、パイナップル、ミントがパッションのピューレなどで和えられて、チョコレートのムースに包まれています
切った時の黄色と緑の色合いがきれいです
また、底生地のチョコレートのサブレが食感に嬉しいサックリ♪
今日持ち帰った5つのお菓子の中で、家族全員が「これ、一番かも!」という意見で一致したお菓子です
b0254207_2247921.jpg

このお菓子は英語のEscapeを意味するお菓子です
以前「逃避」を意味するエヴァジオンというお菓子がありましたが、あの時は行動的な意味だったそうですが、今回は旅行のような精神的な面を表しているそうです

『Tarte aux poires et marrons タルト・オ・ポワール・エ・マロン』
ラム酒の効いた栗のクリームとウィリアム・ポワールでマセレされた洋ナシのガルニチュールのタルトです
b0254207_22472996.jpg

タルト・マニアの私には、レモン&栗+洋梨のタルトがメニューに入っていて嬉しい♪

『L’essentiel レランスィエル』
ビスキュイ生地でバラの香りのするフランボワーズのババロアと松の実入りのライム風味のフロマージュブランのムースをサンドし、ホワイトチョコレートの上掛けがされています
先週のお茶会でいただいたお菓子で、一目惚れ・・・ではなく、一口惚れしました
b0254207_22481259.jpg

英語のessenialエッセンシャル(重要で根本的なもの)を意味していて、ドゥニさんは「無くてはならない、自分のものにしたいもの」という思いを込めていらっしゃるそうです

『Ambianceアンビアンス』
「陽気な雰囲気」と訳されているこのお菓子は、ビスキュイ・ノワゼット生地にプラリネとマンダリン2種類のクレームを重ね、ミルクチョコレートの上掛けで仕上げてあります
ガルニチュールにみかんを小袋ごと入れてあり、カットしにくいのが玉に瑕ですが、オレンジとチョコレートの王道コンビネーションです
b0254207_22483483.jpg

今日はこのような素晴らしいお菓子を教えていただけて、ドゥニさんと弓田先生に心から感謝です
b0254207_2249579.jpg


ところで、このような単発の講習会でのもう1つの楽しみは、お隣に座った方とおはなしをすることです
今日、左側にお座りになっていたのは関西からのマダム
右側にお座りになっていたのは、笑顔がステキな個性的なお嬢さん

マダムはお菓子の先生  優しい話し方で、エレガント
お嬢さんはお勤めが忙しくて、イルプルーに通うにはお時間が厳しいのだそうですが、「おにぎり」作りに専念なさっているそうです

おにぎり! これぞ日本人のソウル・フード  なんて奥の深い食べ物でしょう
初めてお会いした方にあれこれ質問するのは失礼なので、ぐっと我慢

お二人に いつかまたお目にかかれると嬉しいなぁ・・・と思います
こういうご縁がどこかでつながることもありますので、それを願っています
来年の講習会で、もしかしたらまたお会いできたりして(´ω`*)

最高に充実した1日でした
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-08-06 22:52 | Cake | Comments(0)
<< 娘が帰省中 MOMON'... 4日ぶりです♪ & Nam p... >>