立秋の日にヒグラシとツクツクボウシ

今日は立秋  そういえば昨日よりは少し暑さが収まったようでした (・・・と、思うのは今日だけかも)
イーアスからの帰りにヒグラシとツクツクボウシの鳴き声を聞き、「夏休みがようやく始まった」と、数日るんるるん♪ していた娘の顔に暗い影
ヒグラシとツクツクボウシは夏休みが後半に入ったことを象徴するような存在
高校卒業までは確かにそうだったかもしれませんが

でも、お店に並ぶ果物は秋の色です
メロンやスイカはまだありますが、ブドウや無花果、梨の割合が大きくなっています
夏から秋にかけて出るものの中で多種なプラムを試すのが毎年の楽しみで、大石プラム、ソルダム、貴陽、そしてオザークプレミアと紅秀という初めて見た品種を買ってみました
見た感じはとても似ていましたが、切ってみると紅秀は名前通りに果肉が赤く、色が綺麗だったので粗く刻んで少量のバターと少量の砂糖でソテーし、白ワインのアイス(卵黄1:砂糖1:生クリーム2.5:白ワイン1.5ぐらいの割合で泡立てして冷やします)に混ぜました
b0254207_2320291.jpg

果肉が重くて全体に散らず、プリンカップの底にたまってしまいました
多い目に作ったプラムのソテーを添えると、アイスの甘さとプラムの酸味のコントラストが出ますが、主人が「これ、冬に食べたら酸っぱさ鳥肌立つかもね」と言っていました

これがオザークプレミア(右)と紅秀(左)です
b0254207_23195254.jpg

オザークプレミアムの方は「ほんのりリンゴの香りがする」と書かれています
そういわれればそうかもしれませんが・・・・ちと違う

さて、今日も娘が昼ごはんと夕飯を作ってくれました
昼は『目玉焼きジャーマンスタイル丼』 ウィンナーを醤油で炒めたところがポイントだそうです
b0254207_2327143.jpg

夜は『牛肉の佃煮』と『ナメコと葱の味噌汁』
b0254207_23271820.jpg

肉に出汁と醤油が良くしみこんでいて、御飯がススムくんなおかずでした

今季は「賛否両論」の笠原将弘さんの本も見て作っています
手早く作れるようになっているのは確かながら、片付けながら作るということができるようになったら、もっといいのですけどね・・・・・

明日の昼と夜のメニューも既に決まっているそうなので、宜しく~♪ です
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-08-08 23:31 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< ココナッツのアイスキャンデー 娘が帰省中 MOMON'... >>