フランス料理のレッスン グランド・カスレ他

連休中日でしたが、代官山イルプルーでのフランス料理レッスンに行きました
予定表のメニューは魚でしたが、連休中ということで御魚屋さんがお休みのため、メニューが12月のものと入れ替わりました

メニュー1つ目は『米のカレー・サラダ』
インディカ米をカレーパウダーを加えて炊き、食べる直前にドレッシングであえたトマト、ガルバンゾ―豆、キドニー・ビーンズなどを加えます
この日のメニューでは1番! 
b0254207_1075555.jpg


2つ目は『グランド・カスレ』
冬の保存食として塩につけた豚を使う煮込み料理で、名前の由来は鍋の名前
鴨、ラム、豚の骨を一緒に静かにコトコト煮込みます
2晩ほどかけて水で戻した白インゲン豆も加えてコトコト・・・・
白いソーセージと少しスパイシーな赤いソーセージ、ジャガイモも加えてコトコト・・・
なにせ、ひたすら煮込むのです とろみがついてぽってりした味わい深い冬の味
b0254207_10135158.jpg

途中、スープの味見もさせていただき、味の変化もお勉強
でも皆さん結構味見を楽しんだようですね  
煮詰まってきたせいもありますが、先生のお鍋のスープが・・・・

出来上がりはこちら  お皿の大きさがお料理のボリュームに合っていませんよー
b0254207_10141251.jpg


3つ目は『野菜のクルスタッド(キッシュ)』ですが、お菓子本科Ⅰでのレッスンとは違って、キッシュの生地が空焼きまで仕上がって配られます
私達はひたすら人参(1台に200g!)、ポロ葱、マッシュルームを刻む作業
アパレイユもボウルに合わせてあって、流し込むだけ
b0254207_1014439.jpg

この20cm以上ある大きいキッシュを各々1台お土産になります
う~ん、いつでも太っ腹な有難いレッスンです<(_ _)>

4つ目はデザート『ビスキュイ・クラン・オ・ザローム・ドゥ・ショコラ』
息切れしそうに長い名前ですが、世に言うモワール・ショコラです
b0254207_1015328.jpg

チョコレート生地にの中にガナッシュを入れて焼き、熱々の状態をカットすると中から溶けたガナッシュがとろ~りと出てきます
焼き加減が大切で、難しいんです
あっという間に火が通り過ぎてしまいます  切っても何も出てこないこと多々あり
スタッフさんにとっても、火入れに特に気を遣うものでしょう

この日のレッスンは連休中ということで、生徒さんがいつもより少なかったです
頼りにしているTちゃんと別々の班 (T_T)/~~~
もうお一人、頼りにしているMさんとも同じ班になれず・・・(T_T)
もちろん、一緒に作業した若いお2人もとても素敵な方たちで、このオバサンをよく助けてくださいました

お昼ご飯の時、このお嬢さん二人とまかないを食べました
なんとTちゃんが『レバーのテリーヌ』を作って来て下さっていて、お相伴にあずかりました
いやしい私は写真を撮るのを忘れて、食べてしまいまして・・・・・
この写真はTちゃんのブログから拝借した『レバーのテリーヌ』です
b0254207_10153657.jpg

パテ・ド・カンパーニュや野菜のパテ、無花果のコンポートなど、お家でも復習を兼ねてつくっていらっしゃる
ご主人さま お幸せですね~ 

昼ご飯の後、普段(レッスンはいつも火曜日)定休日(火曜日)のパティスリーが開いていたので、5人でお買い物(^^♪
シュークリーム、ババ、ダックワーズなどを買って、さらに一緒にお買い物をしていた方々とマカロン・アイスを買って教室で食べ比べ
レモン、カシス、キャラメルを切って、デザートに  
暑かったので、アイスの美味しかったこと!

試食タイム!
b0254207_1016882.jpg

グラスにナミナミと注がれた白ワイン(Tちゃんが彼女の分を私のグラスに追加してくれたので)を、ビールを飲むように喉を鳴らして飲み(いや~本当に暑かったんです、あの日は・・・)クルスタッドとお米のカレー・サラダとショコラを食べたら、お腹いっぱい
グランド・カスレとサラダは、ほぼ全部持ち帰りとなりました

イルプルでのレッスンは、頭も心も底から満たされる思いがします
先生、スタッフさん、レッスンで御一緒した皆さま、また次回もよろしくお願いいたします<(_ _)>
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-09-25 10:16 | Cooking Lesson | Comments(0)
<< 誕生日の抹茶チョコレート お彼岸です >>