金目鯛のムース香草風味バターソース添え他3品

代官山の教室へフランス料理のレッスンに行きました
今日のメニューはいつもにましてスゴイ!
何がスゴイかと申しますと、その食材です   
(かかった手間と終了した時間も半端ではありませんでした)

まずは『金目鯛のムース香草風味バターソース添え』
b0254207_23415681.jpg

立派な金目鯛をおろすことろから始まります
1人半身ずつもらって、1枚の乍を作り、残りの部分はすり身にしてセルフィーユ、エストラゴン、シブレットを加えます
すり身を乍で包んで茹でたものをフュメ・ド・ポワソンとバターのソースでいただきます

今日のフュメ・ド・ポワソンは金目鯛のアラで取ったもの
2000㏄のスープを半分以下に煮詰め、さらに3分の1まで煮詰めたものを使っているので、非常に濃い出汁が出ています

見た目では決してわからない旨味凝縮ソース! 金目鯛のムースが優しい味なのでよく合います
パンにつけて食べても美味しかったです (´ω`*)

次は『サラダ・ブレズィリエンヌ』 ブラジル風サラダっていうことでしょうか
b0254207_23422567.jpg

お米ベースで、王モロコシ、グリーンピース、キドニービーンズ、ガルバンゾ、チョリソーなどが入って、ボリューム満点です
でも、さっぱり食べられます
豆の味にチョリソーとタバスコのスパイシーさがきいています

そして、前回に続きクルスタッド 前回は野菜 今回は豪華な豪華な海の幸
b0254207_2343548.jpg

エシャロットと玉ねぎを炒め、白ワインを加えたところにムール貝を入れて下準備
海老でしょ、帆立貝(貝柱)でしょ、あんこうでしょ・・・ハーブはシブレット、セルフィユ、ディル、サフランでしょ・・・こんなに豪華なクルスタッドはなかなかお口に入れられません
お店では採算が合わないので出せないでしょうよ (^▽^ ;)

恐らく自分でも全く同じものは2度と作ることはないと思います  
・・・・っていうか、材料変更なら可能ですけど

最後にデザートは『甘いグジェール(シュー)』でした
b0254207_23434563.jpg

このシューは生地の表面にグリュイエールチーズをのせて焼き、クリームにはマスカルポーネ、ピエ・ダングロワを使ってあります
つまり3種類のチーズが使われているということです

クリームはあっさりしていますが、コクがあって美味しい
カスタードクリームのものより私の好みです
シューにうるさい主人さえ、「これは美味しいね」といって、3つも食べました
これはすぐにでも復習したいものです

金目鯛のムースとシーフードのクルスタッドは新鮮で良い材料を揃えるという点に1番のむずかしさがあります
全く同じものを家で復習するのは困難であることは確かですが、バターソースを他のあっさりした白身の魚に使ったり、アレンジは可能です
正直なところ、これだけの材料を使って手間暇かけた料理を出してくれるところは近くになさそうです
ますます外食する機会が減ってしまいそうです   
無理して外食する必要はありませんしね

最後に、班のメンバーで作った記念写真
b0254207_23444835.jpg

お疲れさまでした お世話になりました
今までのレッスンの中で一番大変だったと思いますが、班のメンバーさんのおかげで今日も無事終わりました
有難う~<(_ _)>
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-10-06 23:46 | Cooking Lesson | Comments(0)
<< シンプルなスティック・パイ ポテト・パイ >>