サンクァ・セット Cinq a sept

先週、府中の先生の所でお友達と一緒に習ったチョコレートとアールグレイのお菓子『サンクァ・セットcinq à sept』です
この意味を直訳すると「午後5:00から9:00」
仕事を終えた後の(ディナーまでの)同僚や友達と集まってのひと時をさす言葉だそうです
(でも、これだけでなく実にフランス的な意味もあるんですよ ふふふ~♪)
b0254207_027577.jpg

底生地と中生地はアールグレーのビスキュイ・ジョコンド
底生地にはパータ・ボンブを塗ったところにグラニュー糖を振りかけてコテでキャラメリゼし、その上にクレーム・ショコラ(チョコレート+生クリーム+蜂蜜)、アールグレイのムースを重ねます
中生地を置いて、バタークリームを塗ります
このバタークリームは仕上げのガナッシュがきれいにかかるようにするためだけですので、極薄くです
そしてベルガモットのエッセンスを加えたガナッシュをかけてフィニッシュ♫

ところで、このお菓子に時間が出てきていますが、日本でおやつの時間は?と尋ねられたら、大抵は「3:00」という返事が返ってくるでしょう
でも、輸入菓子でよく見る Bonne Mamamだったと思うんですが、そのビスケットの袋に「4:00(Le Quatre-heures)」と書かれてあって、学校から帰ってくる時間が4:00頃になるので、その時間が書かれているんだということを聞いた記憶が・・・・
おやつの時間にも日仏の時差あり?

さて、11月も半ばを過ぎました
近いうちに12月のお知らせをHPにUPいたします  
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-11-16 14:24 | Cake | Comments(0)
<< ポトフとフォアグラのテリーヌと... ひとりぼっちの週末 >>