BRIOCHE AUX FRUITS ET AMANDES

先週、府中の先生のところで教えていただいた『フルーツとアーモンドのブリオッシュ(BRIOCHE AUX FRUITS ET AMANDES)』を忘れないうちに記録・・・
b0254207_23281921.jpg

生地はブリオッシュで、前日に作って一晩休ませます
つまり、先生が前日にニーダーで準備しておいてくださったものを使用しました

「2次発酵の時に、生地を作って、お持ち帰りになりますか?」by先生
「はーい、よろしくお願いします」by Mさんと私

ブリオッシュに入れるクリームはクレーム・フランジパーヌ・ピスターシュ
つまり、クレーム・パティシエール(カスタード)+クレーム・ダマンド(アーモンドクリーム)=
クレーム・フランジーパーヌで、そこにピスタチオのペーストを加えたものです

アーモンドクリームも前日仕込みなので、私達はカスタードを炊いて、先生が前日に準備しておいてくださったアーモンドクリームに混ぜました

ガルニチュールは感ず目の杏にキルシュとレモン汁をかけて一晩マセレ
またもや、先生が前日に漬けておいてくださったものが・・・私たちはそれをバターでソテーして使いました

いよいよ生地を型に入れて2次発酵!
ブリオッシュ・パリジャンの生地と同じようなものだろうと思っていたんですが
イ~エ イ~エ・・・違います(*´Д`)
一晩冷蔵庫に寝かされていたとは思えないほど、柔らかい生地!
これを切り分けて、型に詰める作業が大変でした

型に敷き込んで、クレーム、杏、ドライいちじくと、レーズン、アーモンド入れて焼いたものがこれです
緑色に見える部分が、ピスタチオのフランジパーヌです
非常に贅沢で繊細な味のブリオッシュに仕上がっています
b0254207_23291082.jpg

「・・・生地を作って、お持ち帰りになります?」と、先生が親切に聞いてくださいましたが、Mさんと私は「・・・・」
私一人では生地を伸ばして型入れするのは無理です( ノД`)シクシク…
先生とMさんが生地を伸して型入れしてくださって、私は具を詰めて・・・流れ作業のおかげで出来たんですから

バターたっぷりパンが大好きな主人は、「上品な味だね」と申しております
ドゥニさんのブリオッシュですからね♪
(ドゥニさんのシナモンロールも美味しいんです(*´▽`*)無茶苦茶大変ですけど)

さて、今日から12月  
昨夜は冬眠モードで、PCに向かってブログを書き始めていたんですが、ふと気が付いたら、;lkkkkkkjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjと、なっていました
いつの間にか、眠ってしまっていたようです
今日はイルプルのフランス料理のレッスンを受けてきましたが、それについてはまた明日
そろそろまた冬眠モードなので、おやすみなさい
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-12-01 23:31 | Bread | Comments(0)
<< カレイの白ワインソースと海の幸... 吉祥寺ブラブラ >>