Le TURIN(ル・テュラン)&クレオル

昨日のレッスン備忘録のつづきです
何故つづきなのかと申しますと、午前中のNさんとのレッスンでは彼女が作ったケーキの写真があったのですが、午後のOさんとのレッスンの終わりに彼女が作ったケーキの写真をまたもや撮り忘れてしまったからです

何故にこうも忘れっぽくなっているのかしら
プチ・ボケ症状?  ・・・いや、これはまだ認めたくない

Nさんの場合は、彼女がカメラを出して写真を撮っていたので、「私も」と撮らせてもらえましたが、その他の忘れる場合は、御本人が写真を撮らず、お互いおしゃべりに夢中になっている時だと思います
そう思いたいです

仕方がないので、昨日Oさんのレッスンで私が作ったケーキの写真を撮りました
(Oさんの仕上がりがとても綺麗だったのに・・・)
昨日のメニューは2つあって、まず1つ目は『ル・テュラン』
栗の産地のトリノから来た名前です
b0254207_19582457.jpg

名前通り、ババロアには栗のクリームと粒が入っています
ババロアをサンドしている生地はビスキュイで、濃いめに焼いてざっくり刻んだヘーゼルナッツ入りです
仕上げに絞ってあるのは、シャンティー・ショコラという生クリームとチョコレートを合わせたクリームです
ダーク・ラムがほんのり香るやわらかなババロアとヘーゼルナッツの歯触りとコクが嬉しい大人のケーキです

もう1つのメニューは、大好きな『クレオル』
b0254207_19585810.jpg

裏漉しサツマイモ入りのパートシュクレで、同じくサツマイモと栗きんとんの裏ごしを加えたアーモンド・クリームをサンドしてあります
白く見えるのは、ホワイトチョコレート  クリームと生地を接着してくれます

このお菓子の最も難しいのは、温度と時間の見極めです
2mmという薄さの生地ですから、焼き過ぎにご注意
アーモンドのクリームの方もぎりぎり火が通ったぐらいがベストです  焼き過ぎ禁物

実は、写真の状態では少々焼き過ぎ
昨日の朝、焼きの確認の為、先に焼いておいたんですが・・・(-_-;)
でもOさんのは自分でいうのもなんですが、完璧!
先生の本に載っている写真のごとく見えましたわ
逃がした魚は大きかった・・・ではありませんが、あの焼き加減は写真に撮り忘れて本当に残念です

昨日の午後のレッスン 3時ごろから始めて7時前には終了できたのはOさんの手早さのおかげ
2品、おつかれさまです
来年の初めは、お菓子ではなくKOO食堂を御希望のようでしたが、いいですか、確認しておきますが、うちは基本お菓子教室ですよー(*^。^*)
年が明けたらまたお会いしましょう  昨日も楽しい時間を有難うございました
良い香りの柚子もいただき有難うございました
b0254207_2013297.jpg

こうして昨日からカウンターの上に置いてあるんですが、部屋が柚子の香りで幸せです

では少し早いですが、メリー・クリスマス & ハッピー・ニュー・イヤ~♪
来年もいろいろ作りましょう
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2015-12-15 20:03 | Cake | Comments(0)
<< 2015年〆のエスニック料理の会 ココア生地と栗クリーム・ロール... >>