大切な先輩

お菓子作りの先輩が関東へご用事でいらっしゃるとうかがっていましたので、ご用事後のお帰り前に少し時間をいただいて、東京駅近くのビルに入っているお蕎麦屋さんで夕食を御一緒しました
もう2年近くお会いていませんでしたが、相変わらずお綺麗で、私も数年して同じぐらいの年齢になった時、そうありたいと思う理想の方です
(土台に相当な違いはありますが、近づけるよう努力します・・・)

菜っ葉のわさび和え 長いものサラダ メンチコロッケをつまみながらのお話タイム
b0254207_18101995.jpg

人との御縁というのは不思議なものです
この先輩との出会いはお菓子を通してのもので、初めてお会いした時ほんの10分ほどお話しできただけだったというのに、その後お菓子作りのことや教室を始めることなどについて色々御親切にアドバイスをくださって、本当に頼りにさせていただいています

パソコンが苦手でブログをどうしようかと迷っていた時、「始めなくちゃ」と、背中を押していただき
自宅教室で自分が教えられるのだろうかと不安になっていた時、「大丈夫よ」と、励ましていただき
そして、今回は自分の教え方と基本的技術の見直す時期になっていると感じていた時、先輩の口から、「今日はKOOさんに言いたいことがあるの」と、私が感じていたことをズバリと当てられました  ひぇ~冷や汗・・・

本科Ⅰから卒業研究Ⅳの終了まで、充実して楽しいながらも全く心と技術に余裕が無いままで、代官山でのレッスンが少々トラウマになりそうな時期もありました
終了後、ようやく少しずつ復習ができて、「あ、先生がおっしゃっていたのはこういうことだったんだ」と、理解できるようになった今だから、もう1度教室に通って勉強しなおす時だと思っていました

先輩は「頑張ってね。今日はKOOさんに会えてよかった。」と、改札口の向こうへ
私は駅の外を通って、高速バス乗り場へ
b0254207_1811361.jpg

「一日一厳」のペースでは、今年1年で足りない本科の復習内容量ですが、出来るだけ1つ1つのルセットを読み直して復習し、代官山の教室へも確認に足を運ぶよう努力します
それにしても、先輩には読心術でもあるのでしょうか
また関東へいらっしゃる時にお目にかかれるのを楽しみにしています
その時、またお話しできますように
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-01-29 18:11 | いろいろ | Comments(0)
<< 神郡から松代へ グリーンカレー >>