ミモレットとアーモンドのサブレ

b0254207_20484478.jpg今日の小さいお菓子はチョコレートではなく、
ミモレットのチーズの軽い塩味のサブレ

このサブレを作っていた時
ふと思ったことなんですが・・・

レッスンでこういうサブレって
1回か2回しか作っていない?

ココナッツのサブレや
チョコチップのサブレ、
オレンジのサブレに
クルミと黒糖のギャレット・ノアなど
色々美味しいものがあるというのに
どうしてなんでしょう

前日に仕込むものが多くて、
当日焼くのは私が準備した生地で、
当日作ってお持ち帰りの生地はあっても、
翌日以降に焼くのが面倒だから?

それに、こういう焼き菓子は生地を作る時の空気の入れ方(あるいは入れないように作る方法)が難しいし、焼成度の管理もオーブンの癖との付き合いで知るしかないので難しいものです
なのに誰かに出した時「あ、クッキー?」ぐらいにしか評価されないのが悔しいという意見も聞いたことがあります

私なんかは、サブレやパイやスコーンなどをいただいたら、「焼き加減はどうなのかしら~(^^♪」と、ワクワクしながら楽しみますが・・・

バター、すりおろしたミモレット、アーモンド・プードル、皮付きアーモンドぐらいの材料揃えで出来ているこのサブレ、「バレンタインはチョコレートよ!」と信じている方に、お薦めしたいメニューです

・・・と言っても、今月の自宅レッスンはバレンタインが終わってからですね (∀`*ゞ)エヘヘ
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-02-09 21:14 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< 東京ビッグサイトへ チョコレートとクルミのキャラメル >>